※受理順
作品名 作者名 コメント
雲の縫い方 和泉亜青 香澄がお針子として働く店では、最近ラスト・ドレス(死に装束)の注文が多い。依頼者の中に、昔母親と駆け落ちした家庭教師の名を見つけた香澄。そのドレスは母のためのものなのか……。まず、珍しいが説得力のある魅力的な設定に魅かれます。駆け落ちした二人のその後や、香澄が母に再会できるのかというミステリー的な要素で、最後まで読者を引っ張り、どんでん返し的な落ちも含めて、完成度の高い作品と思いました。
キリコ 木村咲 「そんな靴で入って来たらキリコがささって危ないやないか」という一行目からラストまで、まさに一気読みでした! おじいちゃんばかりのプレス工場が舞台ですが、物語を通して主人公がしっかり成長しているのが素晴らしくて、お仕事小説としても秀逸です。関西弁で威勢よく話す登場人物たちが愛おしくなります。
好きだった人 宮島ムー 「母娘関係」は今やひとつのジャンルと言ってもいいくらい多くの作品がありますが、本作の主人公が「(母は)毒親というほどではない」と自分の気持ちを収めようとしつつ、でもどうしようもなくモヤモヤを抱える姿に共感しました。「ちょっと言いすぎる女と、ちょっと気にしすぎる女が母と子になってしまっただけのことだ」という一文が印象深いです。主人公と妹の名前についてのエピソードなどのディテールもよかったです。
バニーのあな 松原凛 最後まで少しタイトルに疑問が残りましたが、印象に残る設定とキャラクターが描かれていて、主人公だけでなく、森田先輩の話や、らぶりーずを訪れる客の話、峯岸の話など、広がりが感じられました。これからどんな作品を書かれるのか楽しみです。
タンブルウィードの行先の 山本ミモザ 主人公の小学校時代に起きた、ある出来事。長い時間を経て突然明らかになった、その真相に対して、主人公が取ったラストの行動が切なくて衝撃的で、余韻がありました。人物造形も秀逸で、読んでいるさなか、主人公と一緒に、忘れかけていた「心の棘」をおそるおそる探すような臨場感がありました。繊細に展開する「読んだことのない」物語、とても魅力的でした!
ボクんち カコ 妻が出て行った。戸惑う夫は、ツイッターから妻の生活を伺い知ろうとするが……。妻、アーちゃんがとても魅力的。仕事も妻業もがんばってきた女性が、突然何もかも捨てて解放され、やがて再生していく様子には、こちらまで癒されました。妻の不在によって成長していく夫もまた好感度大。すがすがしい夫婦小説です。
赤い星々は沈まない 月吹友香 老人介護施設でキヌ子さんという女性が起こした「まさか」の出来事。そのインパクトある冒頭から引き込まれます。わたしたちが様々な場面で意識せざるをえない「性」のリアルを、時にコミカルに、時にシリアスに、素晴らしいバランス感覚で描いた作品でした。冒頭ではその言動にぎょっとしたキヌ子さんですが、読み終わる頃には、私も会ってみたいと思わせられます。
おまじない 小沼朗葉 なんてことない話なのですが、最初の一文に心を掴まれ、仕掛けに驚き、生き生きした登場人物に親しみを覚えました。ここからさらにストーリーが展開していればさらに完成度が上がったのではと思いつつ、こういうことが実際にあったらいいなと思わせてくれる物語でした。
夕暮れの雲の先 筒井穂 伯母が最後に遺したものに触れる過程で、はからずも自分はどうなりたいのかを見つめはじめる主人公。素直な筆運びに好感がもてました。書道というモチーフと、楠少年の存在も効いています。
トーキングヘッズ 善知鳥二子 古道具に魂が宿るという設定はそれなりにありますが、剥製動物に限定され、それぞれに個性があるのがとても面白かったです。彼らの世界がきちんと構築されていると思いました。文章もユーモラスで「いい話」なのに飽きさせず、動物たちの発言やエゾシカとみどりの濃い関係に、随所で声を出して笑いました。
どうしようもなく
さみしい夜に
千加野あい シングルマザーとしてセックスワークで生計を立て、一人息子を育てる母のままならない部分や、主人公である思春期の息子の葛藤がとても自然且つ丁寧に描かれています。地震の夜、テントウムシのグラスなどエピソードや小道具の使い方も上手いと感じました。元教員の女性のキャラクターの奥深さがもう少し感じられると、なお良かったのではと思います。
夜間餃子飛行 吉野ゆか 優秀な姉に比べ、凡庸な妹である「わたし」は、ある日突然、引きこもりになった姉への失望と苛立ちを抱えている。姉はなぜ不登校になったのか――。物語の題材に目新しさはないものの、姉と妹が再び心を寄せ合うことになったひょんなきっかけ、その過程で妹が省みる自分自身、何より同じ食卓を囲んできた家族だからこそ通じ合える他愛ないエピソード等が、読みやすい文章で真摯に描かれ、好ましい作品でした。
風は切るもの、水は受けるもの 紅甘 心理描写、情景描写のために紡がれる表現が卓越しているので、文章を目で追っているだけで楽しい。物語自体に劇的な展開はありませんが、苦い記憶の残る思春期を経た主人公が、雑音に惑わされず自分の人生をきちんと引き取ろうと生きるさまに好感が持てました。
わたしの仏さま 円織江 心のアップダウンの激しい主人公が恋愛というものから“解脱”していく過程がユーモラスで、楽しく読みました。結論を良い話のように語りすぎてしまった感はありますが、全体として主人公の成長の描き方に好感を持ちます。