お待たせしました! 第18回女による女のためのR-18文学賞の最終候補作、
6作が決定しました。
最終候補作はこちらからお読みいただけます。
みなさまが書いてくださる感想コメントの数と熱さで読者賞が決まります!
ぜひご一読の上、コメントを残していただければうれしいです。

*最終候補作の公開は3月14日17時までの予定です。

 第18回最終選考候補作品発表

(2019年2月18日「R-18文学賞」事務局)



第9回読者賞受賞 彩瀬まる

ここから先はどうするの―禁断のエロス―
澤村伊智、彩瀬まる、木原音瀬、樋口毅宏、窪美澄

歪な欲望が導く絶頂また絶頂。五人の作家が挑んだ、危険な官能アンソロジー。


鍵のかかった部屋 5つの密室
似鳥鶏、友井羊、彩瀬まる、芦沢央、島田荘司

密室がある。糸を使って外から鍵を閉めたのだ。



弱ったとき、逃げたいとき、見たくないものが見えてくる。



28歳。恋をして、実家を出た。でも、母の“ちゃんとしなさい”からは出られない。



3月11日、恐ろしいほどの暗闇の中で25歳の小説家が見たものは。衝撃の手記。

第8回大賞受賞 窪美澄

ここから先はどうするの―禁断のエロス―
澤村伊智、彩瀬まる、木原音瀬、樋口毅宏、窪美澄

歪な欲望が導く絶頂また絶頂。五人の作家が挑んだ、危険な官能アンソロジー。



幼なじみの兄弟に愛された女、切ない三角関係の行方は。官能と切なさが溶け合う恋愛小説。



望まない妊娠をした真菜と、彼女を支える七十代の晶子。女性たちの生を丹念に描き出す物語。



言わなくちゃ。死んでしまったら何も話せないから。山田風太郎賞受賞作! 『ふがいない僕は空を見た』の著者が命の極限を描き出す迫力の長編。


第24回山本周五郎賞 2011年本屋大賞第2位受賞


第24回山本周五郎賞受賞、本屋大賞2位(2011年)。2012年、映画化。

 映画「ふがいない僕は空を見た」予告編

第12回読者賞受賞 森美樹

私の裸
森美樹

女は皆、平和を装っているだけ――。知らない〈私〉が露わになる5編。


主婦病
森美樹

「これは単なる短編集ではないぞ」三浦しをん氏激賞! 心の奥を直撃する6編。

第11回大賞受賞 深沢潮


私は何が欲しいんだろう? 欲望の先にある、自分なりの満足はどこにあるのか。


縁を結うひと
深沢潮

三浦しをん氏絶賛! 在日の縁談を仕切る辣腕お見合いおばさんと、家族を巡る連作短編集。


伴侶の偏差値
深沢潮

私は男に何を求めているのだろう……安定した生活? それとも人肌恋しいだけなの?

第15回大賞受賞 町田そのこ

ぎょらん
町田そのこ

死者が最期に遺す、赤い珠。それがもたらすのは、救いか、それとも苦しみか――。



世界が変わるほどの恋、すべてが反転する秘密。 大胆な仕掛けに満ちた、選考委員激賞のデビュー作!

第3回大賞・読者賞受賞 吉川トリコ


このプリンセス、他人とは思えない!



世界に嫌われた王妃を、愛さずにはいられない。


グッモーエビアン!
吉川トリコ

型破りな幸せが胸を打つ、最高にあったかい家族の物語。うちの家族、でらパンクです。

 映画化! 「グッモーエビアン!」予告編

第13回読者賞受賞 滝田愛美


万人受けする小説ではないかもしれません。 けれど、響く人には、一生の友になるはずです。



きっと、これは、ただしくない。 わかっているのに、どうしようもない。

第16回大賞・読者賞受賞 白尾悠


何度だって言ってあげる。あんたはぜんぜん悪くない――。希望への疾走を描く、鮮烈なデビュー作!

第14回読者賞受賞 小林早代子


R-18文学賞読者賞受賞作。 地下アイドル男子に、開かれていく心。 気がつくと、イタい自分を忘れてた……。

第11回読者賞受賞 こざわたまこ

負け逃げ
こざわたまこ

地方で生まれた僕たちは、光を探して必死にもがく。R-18文学賞受賞の青春群像劇。
『負け逃げ』こざわたまこ

第10回大賞受賞 田中兆子

徴産制
田中兆子

満18歳から満30歳までのすべての日本人男子に、性転換を義務付け出産を奨励する【徴産制】を施行する――。

第15回読者賞受賞 一木けい


ネクストブレイクはこの作家! 心揺さぶる恋を描く鮮烈なデビュー作。

第11回最終候補 雛倉さりえ

ジゼルの叫び
雛倉さりえ

何のため、誰のためにバレエを踊るの? 退廃的で甘美な生を描く青春小説。



お願い、私の首を絞めて。もっときつく、私を貶めて――。

 映画化! 「R-18文学賞 vol.1 ジェリー・フィッシュ」予告編

第12回大賞受賞 朝香式

パンゲア5
朝香式

俺たちは五人で完璧だった。 おまえが消えるまでは――。


マンガ肉と僕
朝香式

人は笑うだろうけど、幸せって、これのこと? 第12回R-18文学賞大賞受賞作。

 映画「マンガ肉と僕」予告編

第5回大賞・読者賞受賞 宮木あや子

ガラシャ
宮木あや子

この恋は罪。当代一の美女と謳われた、細川ガラシャの華麗なる純愛絵巻。


花宵道中
宮木あや子

男に夢を見させるためだけに、生きておりんす。叶わぬ恋を胸に秘め、抱いて抱かれる遊女たち。驚愕のデビュー作。R-18文学賞大賞受賞。

 映画化! 「花酔道中」予告編

第7回大賞受賞 蛭田亜紗子

自縄自縛の私
蛭田亜紗子

R-18文学賞大賞受賞作。映画化。監督/竹中直人、出演/平田薫、安藤政信、綾部祐二(ピース)、津田寛治

 映画化! 「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」予告編

第9回読者賞受賞・彩瀬まる 第1回読者賞受賞・豊島ミホ 第7回大賞受賞・蛭田亜紗子 第6回優秀賞受賞・三日月拓 第4回大賞受賞・南綾子 第5回大賞・読者賞受賞・宮木あや子 第7回読者賞受賞・山内マリコ 第3回大賞・読者賞受賞・吉川トリコ

文芸あねもね
彩瀬まる、豊島ミホ、蛭田亜紗子、三日月拓、南綾子、宮木あや子、山内マリコ、山本文緒、柚木麻子、吉川トリコ

恋愛とか、孤独とか、未来とか。R-18文学賞に由縁の作家10人が集結! 震災復興チャリティ同人誌が待望の文庫化。

文芸あねもね」公式ブログ