ホーム > 書籍詳細:おんなのじかん

おんなのじかん

吉川トリコ/著

1,650円(税込)

発売日:2021/09/28

書誌情報

読み仮名 オンナノジカン
装幀 深川優/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 考える人から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 254ページ
ISBN 978-4-10-472503-8
C-CODE 0095
ジャンル 文学・評論
定価 1,650円
電子書籍 価格 1,650円
電子書籍 配信開始日 2021/09/28

女性の身体にまつわるタブーよ、くたばれ! 私たちはもっと自由になれる。

だれかの物差しはもういらない。不妊治療も、流産も、ほとばしる推しへの愛も。今こそ、軽やかに臆さずに気の向くまま語ろう。私たちは「自分の言葉」を持っている。最高で最強のみんなたちへ贈る、本音炸裂のご機嫌エッセイ。第1回PEPジャーナリズム大賞オピニオン部門受賞「流産あるあるすごく言いたい」収録。

目次
はじめに
やさしさまでの距離
いつかいなくなる人
パパのこと
おれはジャイアン
不妊治療するつもりじゃなかった
沼の底で待っている
家族という名のプレッシャー
母からの電話には出ない
「この人の子どもを産みたいと思った」
これで卒業
She's a mannerf*cker
名古屋の嫁入り いま・むかし・なう
不謹慎なんて言わないで
妊婦はそんなことを言っちゃいけません
流産あるあるすごく言いたい
ばらを見にいく
コレガ、サビシサ
きみは月
スパゲッティ・ポモドーロ・アルデンテ
ダイエット・ア・ラ・モード
リトルブラックドレスはもういらない
お金なんかと君は言うけれど
失われた夏を求めて
夢にみるほど
子ども、お断り
持続可能な友情
ひとくちにピンクと申しましても
どこまでいっても夫婦は他人
特別になりたかった私たちへ
祖母の名前 
長いおしゃべりの果てに――あとがきにかえて

インタビュー/対談/エッセイ

「女のリミット」を超えてゆけ。

吉川トリコ

「おしゃべりな文体」と称された著者の文章は、軽やかに、だけどいつも誰より真摯に語りかけてくれる。またその声を聞きたくて。

――ちょっとドキリとするタイトルですが、どんなお気持ちを込めたのでしょう?

「女は若ければ若いほどいい」という価値観がありますが、もとをただせば「女は若ければ若いほど、たくさん子どもを産めていい」ということなのでしょう。男性中心の社会の中で醸成されてきた考え方だと頭ではわかっていても、「女は〇〇歳までに〇〇すべき」「女は〇〇歳超えたら〇〇しちゃだめ」など、だれが設定したのだかもわからない「女のリミット」を幼いころから植えつけられて育ってきて、そこから完全に自由でいられる人はいるのでしょうか。そういった価値観に真っ向から「NO」をつきつけられる時代になった一方で、いまだに振りまわされて苦しんでいる人たちは男女の別なく存在します。私自身、完全にその呪いから解き放たれているかといったら自信はありません。そういうことを、白黒つけずにああでもないこうでもないとごちゃごちゃ話せる場所がほしかったんだと思います。

――不妊治療のリアルを初めて知り、想像以上の過酷さに驚きました。不妊治療中の方が目の前にいたら、どんな言葉をかけたいですか。

「なんも言えねえ……」というのが正直なところなのですが、クリニックに通っている女性たちやブログで不妊治療について書いている方々からはなにかしら切羽詰まっている印象を受けることが多かったので、だらしなく不真面目に不妊治療をしている人間もいるんだよと言いたくて自分の経験を書いてみました。効き目のさだかでない高額サプリやあやしいスピ商材には手を出すなと言いたいところですが、それがいっときでも彼らに気休めの効果をもたらしてくれるなら、やっぱり「なんも言えねえ……」となってしまいますね。ただし、その手の商材でいたずらに不妊治療中の人たちを脅したり、煽ったりするような商売をしている業者には強い怒りを感じています。

――流産体験を率直に綴った「流産あるあるすごく言いたい」は連載中も大変注目され、PEPジャーナリズム大賞のオピニオン部門も受賞しました。反響をどう受け止めましたか。

 昨年、「考える人」の年間アクセスランキングで一位になったときはほんとうに驚きました。村上春樹を抜いて一位だったので、思わずスクショを撮ってしまいましたよね。担当氏は品がいいので帯とかに使ってくれないと思うのでここに書いておきます。村上春樹にアクセス数で勝利したエッセイです!
 ……これだけだと品がなさすぎてマジで怒られそうなので真面目にコメントしておくと、流産の経験について書くことはやはり怖いことでした。正直に自分の感じたまま書いてしまったら、ひとでなしだとか薄情だとか思われるんじゃないか、なにより夫を傷つけるのではないかと不安でなりませんでしたが、それでもやっぱり書かずにいられなかったのは、流産を語る当事者の言葉がまだまだ少なく、一元的だったからです。かなしみ以外の感情がそこにあることを書いておきたかったし、知ってもらいたかった。こんなに反響があるとは思ってなかったので、率直にうれしいです。

――誰かや、何かを推す熱い気持ちと、その危うさについても書いていらっしゃいますが、今の推しと、その魅力をぜひ教えて下さい!

 推しくんはパンダです。パンダが笹を食っているだけで、パンダが滑り台を滑り落ちてくるだけで、パンダがごろごろ転がってるだけで、ギャラリーは拍手をし、カメラのシャッターを切り、「かわいいー!」「すきー!」と口々に叫びます。それと同じことを私は推しくんにしてるんだと思います。相手を人間だと思っていたらそんなこと、できるわけがありませんからね。相手をパンダだと思っているから心おきなく消費できるんだと思います。罪深いことだとわかっているけど、あまりにも推しくんがかわいすぎて、もうしばらくはやめられそうにありません。

――表現をめぐる様々な問題にも言及されていますが、最近気になったニュースはありますか。

 日々「最悪」が更新されていくようなニュースばかり舞い込んできますが、いまは「従軍慰安婦」と「強制連行」という用語を教科書から削除することになったというニュースが気がかりでなりません。過去の過ちをくりかえさないためにも、正しい歴史を若い世代に伝えていくのは、国家としてというか大人として、あたりまえの義務なのではないかと思います。

――まだまだ出口の見えない状況が続きますが、コロナが収束したら、何をしたいですか?

 韓国に短期留学に行きたいです。というか、2020年の春に行くつもりでいろいろ調べてたところだったのに……ううう……。

(よしかわ・とりこ 作家)
波 2021年10月号より
単行本刊行時掲載

著者プロフィール

吉川トリコ

ヨシカワ・トリコ

1977年生まれ。2004年「ねむりひめ」で女による女のためのR-18文学賞大賞・読者賞受賞。2021年「流産あるあるすごく言いたい」(『おんなのじかん』収録)で第1回PEPジャーナリズム大賞オピニオン部門受賞。著書に『しゃぼん』『グッモーエビアン!』『少女病』『ミドリのミ』『ずっと名古屋』『光の庭』『マリー・アントワネットの日記』(Rose/Bleu)『ベルサイユのゆりーマリー・アントワネットの花籠―』『女優の娘』『夢で逢えたら』『余命一年、男をかう』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

吉川トリコ
登録

書籍の分類