ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:波 > 雑誌詳細:波 2020年9月号

今月の表紙の筆蹟は、村上春樹さん。

波 2020年9月号

(毎月27日発売)

100円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2020/08/27

発売日 2020/08/27
JANコード 4910068230904
定価 100円(税込)
「波」はお近くの書店からもご注文できます。

阿川佐和子/やっぱり残るは食欲 第36回
【カーソン・マッカラーズ、村上春樹/訳『心は孤独な狩人』刊行記念特集】
村上春樹/いちばん最後までとっておいた翻訳作品
カーソン・マッカラーズ、小澤身和子 訳/花ひらく夢――創作をめぐるノート

【北村 薫『雪月花―謎解き私小説―』刊行記念特集】
北村 薫/愛の小説
池澤夏樹/連想のディスクジョッキー
村井理子『村井さんちの生活』
杏/私と村井さんの共通点

奥泉 光『死神の棋譜』
芦沢 央/夢に人生を賭けた人間の、切実な業

前川 裕『愛しのシャロン』
鈴木涼美/他人の不幸のある世界

カリ・ファハルド=アンスタイン、小竹由美子/訳『サブリナとコリーナ』
江南亜美子/ラティンクスの声に惹かれ、啓かれて

白井智之『名探偵のはらわた』
大森 望/昭和の殺人鬼七人が地獄から甦る

あさのあつこ『ハリネズミは月を見上げる』
浦和第一女子高生/あさのあつこ 新刊によせて

高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!―そして現れた〈サピエンス納豆〉―』
重田眞義/アジアとアフリカを繋ぐ納豆の旅

君塚直隆『悪党たちの大英帝国』(新潮選書)
細谷雄一/われわれには「悪党」が必要である

大平 徹『予測学―未来はどこまで読めるのか―』(新潮選書)
西成活裕/リスクを避けるための本能

高橋洋一、原 英史『国家の怠慢』(新潮新書)
門田隆将/異色の元官僚が描き出す“異次元ワールド”
【三品輝起『雑貨の終わり』刊行記念特集】
堀江敏幸/忘れられへんから
[インタビュー]三品輝起/雑貨界の地図をつくる
【特別エッセイ】
小川 糸『とわの庭』
小川 糸/ベルリンでの暮らしから生まれた物語 『とわの庭』のこと(2)

森下典子『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―』(新潮文庫)その後
森下典子/奇跡の四十年
【「波」名対談撰】
筒井康隆『富豪刑事』(新潮文庫)
筒井康隆×中島 梓/小説のおもしろさ
【新潮クレスト・ブックス 2020-2021】
カリ・ファハルド=アンスタイン、小竹由美子/訳『サブリナとコリーナ』
[インタビュー]カリ・ファハルド=アンスタイン/故郷に生きる女たちを書きたかった

オーシャン・ヴオン、木原善彦/訳『地上で僕たちはつかの間輝く』(2021年夏刊行予定)
木原善彦/詩人が母に向けた鮮烈なデビュー作

ただいま翻訳中!
【私の好きな新潮文庫】
落合陽一/世界の見え方が変容する体験
 三島由紀夫『金閣寺
 三島由紀夫『仮面の告白
 三島由紀夫『美しい星
【今月の新潮文庫】
知念実希人『神話の密室―天久鷹央の事件カルテ―』
村上貴史/医学知識を介して斬新な謎から意外な真相へ
【コラム】
[とんぼの本]
とんぼの本編集室だより

三枝昂之・小澤 實/掌のうた

佐藤健太郎『番号は謎』(新潮新書)
佐藤健太郎/番号の楽しみ
【連載】
[新連載]二宮敦人/ぼくらは人間修行中
永田和宏/あなたと出会って、それから…… 第9回
南沢奈央 イラスト・黒田硫黄/今日も寄席に行きたくなって 第9回
バリー・ユアグロー 柴田元幸 訳/オヤジギャグの華 第17回
小松 貴/にっぽん怪虫記 第9回
川本三郎/荷風の昭和 第28回
編輯後記 新潮社の新刊案内 編集長から

立ち読み

編集長から

今月の表紙の筆蹟は、村上春樹さん。

◎映画やTVを見ていて、机上の本や本棚が写ると反射的に目が行きますよね。渡邉恒雄主筆のインタビュー番組でも、新海誠監督のアニメ映画でも同じ。覗き見趣味?
◎言い訳をすれば、登場人物がどんな本を読むかは、喋り方や服装同様、彼らの性格に大きな意味を持つはずです。逆に言うと、作り手は画面に写る本に神経を使っているわけで、例えば森田芳光監督の「間宮兄弟」には、人物への興味や理解をぐっと深める印象的な本棚が出てきたのを覚えています。
◎写真の中の本だと、水着姿(二種類)のマリリン・モンローがジョイス『ユリシーズ』を読んでいる1952年の写真が有名。取合せの妙から神話化されて、三〇年後、モンロー好きの学者が撮影したイヴ・アーノルドへ問合せをするまでになりました。イヴ曰く、モンローは『ユリシーズ』を車に乗せて、ずっと愛読していた。理解を深めようと声に出して読んだ時期もある。頭から順を追って読むのではなく、その都度パッと開いた箇所から読んでいった由。
◎スタアは大変で、モンローが本棚に遺した四三〇冊も公表されています。そのリストは実に幅広く、ジョイス、プルーストキャロルロレンスマン、ロシアの文豪達、ベケット、『資本論』、フロイト等々、さらには多くのアメリカ文学。興味深いのは、彼女の親友かつ理解者を任じていたカポーティの本がないこと。彼がライバル視し、あるいは罵ったT・ウィリアムズやメイラーやケルアックなどはあるのに。女優は作家(『ティファニーで朝食を』の主役はモンローが演るべきだったと主張し続けた)をどう思っていたのかを想像しながら、あの名品『うつくしい子供』を読み返してみます。
▽次号の刊行は九月二十八日です。

お知らせ

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

波とは?

1967(昭和42)年1月、わずか24頁、定価10円の季刊誌として「波」は誕生しました。新潮社の毎月の単行本の刊行数が10冊に満たず、新潮文庫の刊行も5冊前後といった時代でした。この後、1969年に隔月刊に、1972年3月号からは、毎月刊行の月刊誌となりました。現在も続く「表紙の筆蹟」は、第5号にあたる1968年春季号の川端康成氏の書「風雨」からスタートしました。

 創刊号の目次を見てみると、巻頭がインタビュー「作家の秘密」で、新作『白きたおやかな峰』を刊行した北杜夫氏。そして福田恆存氏のエッセイ。続く「最近の一冊」では、小林秀雄、福原麟太郎、円地文子、野間宏、中島河太郎、吉田秀和、原卓也といった顔触れが執筆しています。次は大江健三郎氏のエッセイ。続いて「ブックガイド」欄では、江藤淳氏がカポーティの『冷血』を、小松伸六氏が有吉佐和子氏の『華岡青洲の妻』を論評しています。

 以来41年、2007(平成19)年6月号で通巻450号を迎えました。読書情報誌としての重要な役割の情報発信はもちろんのことですが、「波」連載からは数々のベストセラーが誕生しています。小川国夫『青銅時代』、三浦哲郎『木馬の騎手』、山口瞳『居酒屋兆治』、藤沢周平『本所しぐれ町物語』、井上ひさし『私家版 日本語文法』、遠藤周作『イエスの生涯』(「聖書物語」を改題)、小林信彦『ちはやふる奥の細道』『おかしな男 渥美清』、阿川弘之『食味風々録』、櫻井よしこ『何があっても大丈夫』などなど。

 2007年1月号からはレイアウトもリニューアル、頁数も増え128頁となりました。これからも、ひとところにとどまらず、新しい試みで、読書界・文学界の最新の「波」を読者の方々にご紹介していきたいと思っています。