ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:波 > 雑誌詳細:波 2018年10月号

今月の表紙の筆蹟は、宮本輝さん。

波 2018年10月号

(毎月27日発売)

100円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2018/09/27

発売日 2018/09/27
JANコード 4910068231086
価格 100円(税込)

「波」はお近くの書店からもご注文できます。


阿川佐和子/やっぱり残るは食欲 第13回

【知念実希人『ひとつむぎの手』刊行記念特集】
[インタビュー]知念実希人/人はもろくて、しぶとい
青木千恵/ひたむきに生きる

ポール・オースター 、柴田元幸/訳『インヴィジブル』
松浦寿輝/巧緻で精妙で美しい

アリ・スミス 、木原善彦/訳『両方になる』
上田岳弘/時制も人称も超えた世界

沢木耕太郎『銀河を渡る―全エッセイ―』
北野新太/踏切の一瞬

野口 卓『大名絵師写楽』
吉野 仁/写楽の謎に対する最適解

梶よう子『はしからはしまで―みとや・お瑛仕入帖―』
清原康正/いわくつきの品がもたらす騒動

植松三十里『大和維新』
島内景二/大和は近代日本の始まりの国

小嶋陽太郎『友情だねって感動してよ』
藤田香織/中高年にも刺さる! 小嶋陽太郎の青春小説!

周木 律『死者の雨―モヘンジョダロの墓標―』
円堂都司昭/歴史への畏怖と圧倒的想像力

スティーブン・レビツキー、ダニエル・ジブラット、濱野大道/訳『民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―』
石戸 諭/民主主義を守る「柔らかいガードレール」

ロバート・H・ラティフ、平賀秀明/訳『フューチャー・ウォー―米軍は戦争に勝てるのか?―』
小泉 悠/「北朝鮮に勝てる」という幻想

[対談]土井善晴×養老孟司/料理をする人、食べる人

関根虎洸『遊廓に泊まる』
[鼎談]関根虎洸×中山智喜×渡辺 豪/遊廓観光――ダークツーリズムのすすめ

[短篇小説]北村 薫/よむ 後篇

【今月の新潮文庫】
山本周五郎、末國善己/編『周五郎少年文庫 黄色毒矢事件―少年探偵春田龍介―』
末國善己/「周五郎少年文庫」刊行の意義

新潮社社員が選ぶ「新潮文庫 わたしの5冊」

【宮本 輝「流転の海」完結記念】
宮本 輝『野の春―流転の海 第九部―』
[インタビュー(聞き手・堀本裕樹)]宮本 輝/大きな人間の、大きなドラマを書きたかった。
「流転の海」と私 竹増貞信、小川洋子、中村義洋、壇 蜜、北上次郎
「流転の海」を数えてみた。 堀井憲一郎
「流転の海」シリーズ名言集

第十七回小林秀雄賞・新潮ドキュメント賞 決定発表

【コラム】
林洋子/監修『旅する画家 藤田嗣治』
とんぼの本編集室/乳白色の裸婦像と戦争画をつなぐ(とんぼの本)

とんぼの本編集室だより

森口 朗『誰が「道徳」を殺すのか―徹底検証「特別の教科 道徳」―』
森口 朗/いまこそ「道徳」を大人が語ろう(新潮新書)

冨田浩司『マーガレット・サッチャー―政治を変えた「鉄の女」―』
君塚直隆/国家と個人の関係を考えさせる肖像画(新潮選書)

【連載】
ブレイディみかこ/ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 第10回
伊藤比呂美/URASHIMA 第5回
堀部安嗣/ベーシックハウスを考える 最終回
大塚ひかり/女系図でみる日本争乱史 第3回
津村記久子/やりなおし世界文学 第53回
瀧井朝世/サイン、コサイン、偏愛レビュー 第103回
川本三郎/荷風の昭和 第5回

編輯後記 新潮社の新刊案内 編集長から

立ち読み

編集長から

今月の表紙の筆蹟は、宮本輝さん。

◎他愛のない連想ですが、完結した宮本輝さんの大河小説「流転の海」全九冊を積み上げて、第一部からタイトルを眺めていると、まるで交響曲全集だなあと思えてきます。九つというのがベートーベンやブルックナーなどの交響曲の数と同じだし、もう一つ、『仁義なき戦い』の脚本家笠原和夫さんの言葉を思い出したからでもあります。
◎「わたしは脚本というものをしばしば交響曲にたとえたくなる。(略)部分部分にさまざまなメロディがありながら、通して聞き終わった時に、細部のメロディを超越した何がしかの残響を聴衆の心に伝えるシンフォニーのような脚本がわたしの理想なのだ。(略)残響を響かせるためには、きっちり起承転結が整っては駄目で(起承転結が整うと「これでおしまい」にしかならず、残響が鳴り響かない)、結の部分がわずかに(美的に許される程度に)開かれていることが望ましい」(『映画はやくざなり』)。
◎これは脚本のみならず、長い小説についても当てめることができる名言ですが、「流転の海」第九部『野の春』を読み終えた時、まさに「物語の円をぎりぎり閉じきらないコーダ」(『映画は〜』)を聴き取ったように感じたのです。本を閉じても、登場人物たちが(作中で死を迎えた人物であろうと)今なお私たちのすぐ隣で息づいているような、私たちと一緒に先の見えぬ未来へ足をおずおずと(あるいは敢然と)踏み入れているような心持になりました。
◎「細部のメロディ」という意味では、とりわけ第二部『地の星』末尾の房江(主人公の妻)が川で鮒を手掴みでとる場面が忘れ難いのですが、あまりに印象深くて、それを損なうのが怖いので読み返せずにいます。
▽次号の発売は十月二十六日です。

お知らせ

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

波とは?

1967(昭和42)年1月、わずか24頁、定価10円の季刊誌として「波」は誕生しました。新潮社の毎月の単行本の刊行数が10冊に満たず、新潮文庫の刊行も5冊前後といった時代でした。この後、1969年に隔月刊に、1972年3月号からは、毎月刊行の月刊誌となりました。現在も続く「表紙の筆蹟」は、第5号にあたる1968年春季号の川端康成氏の書「風雨」からスタートしました。

 創刊号の目次を見てみると、巻頭がインタビュー「作家の秘密」で、新作『白きたおやかな峰』を刊行した北杜夫氏。そして福田恆存氏のエッセイ。続く「最近の一冊」では、小林秀雄、福原麟太郎、円地文子、野間宏、中島河太郎、吉田秀和、原卓也といった顔触れが執筆しています。次は大江健三郎氏のエッセイ。続いて「ブックガイド」欄では、江藤淳氏がカポーティの『冷血』を、小松伸六氏が有吉佐和子氏の『華岡青洲の妻』を論評しています。

 以来41年、2007(平成19)年6月号で通巻450号を迎えました。読書情報誌としての重要な役割の情報発信はもちろんのことですが、「波」連載からは数々のベストセラーが誕生しています。小川国夫『青銅時代』、三浦哲郎『木馬の騎手』、山口瞳『居酒屋兆治』、藤沢周平『本所しぐれ町物語』、井上ひさし『私家版 日本語文法』、遠藤周作『イエスの生涯』(「聖書物語」を改題)、小林信彦『ちはやふる奥の細道』『おかしな男 渥美清』、阿川弘之『食味風々録』、櫻井よしこ『何があっても大丈夫』などなど。

 2007年1月号からはレイアウトもリニューアル、頁数も増え128頁となりました。これからも、ひとところにとどまらず、新しい試みで、読書界・文学界の最新の「波」を読者の方々にご紹介していきたいと思っています。