ホーム > 書籍詳細:天人五衰―豊饒の海・第四巻―

  • 舞台化2018 PARCO PRODUCE “三島 × MISHIMA” 豊饒の海(2018年11月公演予定)

天人五衰―豊饒の海・第四巻―

三島由紀夫/著

637円(税込)

本の仕様

発売日:1977/12/02

読み仮名 テンニンゴスイホウジョウノウミ04
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-105024-9
C-CODE 0193
整理番号 み-3-24
ジャンル 文芸作品
定価 637円

老残の本多繁邦が出会った少年安永透。彼の脇腹には三つの黒子がはっきりと象嵌されていた。〈輪廻転生〉の本質を劇的に描いた遺作。

どういう本?

タイトロジー
(タイトルを読む)
「大の五衰」の相はどうかというのに、その一は、浄らかだった衣服が垢にまみれ、その二は、頭上の華がかつては盛りであったのが今は萎み、その三は、両腋窩から汗が流れ、その四は、身体がいまわしい臭気を放ち、その五は、本座に安住することを楽しまない。
 これによれば、ほかの出典の五衰とは、みな大の五衰を説いたものであり、小の五衰の生じているあいだは死を転ずることも全く不可能ではないが、ひとたび大の五衰が生じた上は、もはや死を避けることができないのであった。(本書73〜74ページ)

著者プロフィール

三島由紀夫 ミシマ・ユキオ

(1925-1970)東京生れ。本名、平岡公威(きみたけ)。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。1970年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

三島由紀夫
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

天人五衰―豊饒の海・第四巻―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto