ホーム > 書籍詳細:土

「娘に読ませたい」と漱石に言わしめた! 明治の農民生活のリアルさが人間の本質を訴える普遍的名作。

長塚節/著

680円(税込)

本の仕様

発売日:1950/06/13

読み仮名 ツチ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-105401-8
C-CODE 0193
整理番号 な-2-1
ジャンル 文学・評論
定価 680円

茨城県地方の貧農勘次一家を中心に小作農の貧しさとそれに由来する貪欲、狡猾、利己心など、また彼らをとりかこむ自然の風物、年中行事などを驚くべきリアルな筆致で克明に描いた農民文学の記念碑的名作である。漱石をして「余の娘が年頃になって、音楽会がどうだの、帝国座がどうだのと言い募る時分になったら、余は是非この『土』を読ましたいと思っている」と言わしめた。

著者プロフィール

長塚節 ナガツカ・タカシ

(1879-1915)1879(明治12年)、茨城県生れ。 正岡子規に師事。子規没後は同門の伊藤左千夫等と「馬酔木」を創刊、その教えを発展させるべく努力した。一方で写生文、小説も数多く発表し、長編小説『土』は夏目漱石の推薦で「東京朝日新聞」に連載された。農民文学の代表作といわれるこの作品の完成後、結核を病んだこともあって作歌の世界にもどり、晩年の優れた作品を残した。

つなぐ本×本 つながる読書<広がる世界

つなぐ : 036

農村のリアル

死は特別なものではない。日本の原風景のような世界。

モノリスと呼ばれる土壌サンプルや地質学大好き人間の高村さん。愛読書はズバリ、長塚節の名作『土』だとのこと。

感想を送る

新刊お知らせメール

長塚節
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto