ホーム > 書籍詳細:江戸開城

西郷隆盛と勝海舟。幕末動乱の頂点で実現した奇跡の無血開城の舞台裏を描く傑作長編。

江戸開城

海音寺潮五郎/著

680円(税込)

本の仕様

発売日:2017/12/01

読み仮名 エドカイジョウ
シリーズ名 新潮文庫
装幀 井上雄彦(c)I.T.PLANNING,INC./カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-115709-2
C-CODE 0193
整理番号 か-6-9
ジャンル 文芸作品、歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 680円

新政府樹立のために「血の犠牲」を要求しながら、実際は寛大な処分を考えていた西郷隆盛。動揺する徳川慶喜と幕閣の向背に抗し、和平の道を探る勝海舟。両巨頭の会談は、その後の日本を決定づける。千両役者どうしの息詰まる応酬を中心に、幕末動乱の頂点で実現した奇跡の江戸無血開城とその舞台裏を描く傑作長編。カバー装画は著者と同郷(鹿児島県伊佐市)の井上雄彦氏による描き下ろし。

著者プロフィール

海音寺潮五郎 カイオンジ・チョウゴロウ

(1901-1977)鹿児島県伊佐郡大口村(現・伊佐市)生れ。国学院大学卒。中学の国漢教師を勤めた後、創作に専念。1929(昭和4)年「うたかた草紙」が「サンデー毎日」大衆文芸賞に入選。1932年長編「風雲」も同賞を受賞。1936年『天正女合戦』で直木賞を受賞。1957年に完結した『平将門』は新時代の歴史小説の先駆となった記念碑的大作。日本史への造詣の深さは比類がない。他に『武将列伝』『列藩騒動録』『孫子』『天と地と』『西郷隆盛』『西郷と大久保』『幕末動乱の男たち』『江戸開城』『二本の銀杏』など著書多数。

感想を送る

新刊お知らせメール

海音寺潮五郎
登録する
文芸作品
登録する
歴史・時代小説
登録する
文学賞受賞作家
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

江戸開城

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto