ホーム > 書籍詳細:花森安治伝―日本の暮しをかえた男―

NHK朝ドラ〈とと姉ちゃん〉で話題! 『暮しの手帖』を創刊した花森安治の生涯とは。

花森安治伝―日本の暮しをかえた男―

津野海太郎/著

724円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/03/01

読み仮名 ハナモリヤスジデンニホンノクラシヲカエタオトコ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120281-5
C-CODE 0195
整理番号 つ-35-1
ジャンル 本・図書館、人文・思想・宗教、マスメディア、ノンフィクション
定価 724円
電子書籍 価格 799円
電子書籍 配信開始日 2016/05/06

全盛期には100万部を超えた国民雑誌『暮しの手帖』。社長・大橋鎭子(しずこ)と共に会社を立ち上げた創刊編集長・花森安治は天才的な男だった。高校時代から発揮した斬新なデザイン術、会う人の度肝を抜く「女装」、家を一軒燃やした「商品テスト」。ひとつの雑誌が庶民の生活を変え、新しい時代をつくった。その裏には、花森のある決意が隠されていた――。66年の伝説的生涯に迫る渾身の評伝。

著者プロフィール

津野海太郎 ツノ・カイタロウ

1938(昭和13)年福岡生れ。早稲田大学文学部卒業後、演劇・出版に携わる。晶文社取締役、『季刊・本とコンピュータ』総合編集長、和光大学教授・図書館長を歴任。2003(平成15)年『滑稽な巨人――坪内逍遙の夢』で新田次郎文学賞、2009年『ジェローム・ロビンスが死んだ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。ほかの著書に『したくないことはしない――植草甚一の青春』『百歳までの読書術』などがある。

目次

序 『暮しの手帖』が生まれた街
第一部
第一章 編集者になるんや
第二章 神戸と松江
第三章 帝国大学新聞の時代
第二部
第四章 化粧品で世界を変える
第五章 北満出征
第六章 ぜいたくは敵だ!
第七章 「聖戦」最後の日々
第三部
第八章 どん底からの再出発
第九章 女装伝説
第十章 逆コースにさからって
第四部
第十一章 商品テストと研究室
第十二章 攻めの編集術
第十三章 日本人の暮らしへの眼
第十四章 弁慶立ち往生
あとがき/引用文献/花森安治略年譜・書誌/図版提供

解説 中野翠

判型違い(書籍)

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

津野海太郎
登録する
本・図書館
登録する
マスメディア
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

花森安治伝―日本の暮しをかえた男―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

花森安治伝―日本の暮しをかえた男―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!