ホーム > 書籍詳細:ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス

転がり落ちるバイク、燃えあがるギター。忘れた青春が静かに発火する傑作青春小説。

ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス

滝口悠生/著

432円(税込)

本の仕様

発売日:2018/04/01

読み仮名 ジミヘンドリクスエクスペリエンス
装幀 岡村亮太/ドローイング、新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-121371-2
C-CODE 0193
整理番号 た-122-1
ジャンル 文芸作品
定価 432円

夢みたいに流れる風景にみとれた私は、原付バイクごとあぜ道へ突 っ込む。空と一緒に回転し、田んぼの泥に塗れた19歳だった私と、14年後の私がつかの間すれ違う。互いの裸を描き合った美術講師の房子や、映画監督の夢をかかえて消えた友の新之助、そして旅先で触れた様々な言葉。切れ切れの記憶を貫いて、ジミヘンのギターは私のそばで静かに発火する。寡黙な10代の無二の輝きを刻む物語。

著者プロフィール

滝口悠生 タキグチ・ユウショウ

1982(昭和57)年東京生れ。2011(平成23)年、「楽器」で新潮新人賞を受賞してデビュー。2015年、『愛と人生』で野間文芸新人賞、2016年、「死んでいない者」で芥川賞を受賞。他の著書に『寝相』『茄子の輝き』『高架線』などがある。

書評

歪み、軋み、熱を帯びる小説

町田康

 昔。当今のごとく機材のよく整備されていないライブハウスや狭いリハーサルスタジオなどで演奏するとき、しばしばハウリング現象が起きた。大音響を発するエレキギターやドラムスに対抗するためにボーカルの音量を高くすると、マイクから入ってアンプを経由してスピーカーから出た音をまたマイクが拾って、という音の悪因縁に陥るのである。
 そのハウリング音たるや、たとえ悟りを開いたとしても耐えられない不快な音で、なのでボーカルの音量は一定以上、高くできず、昔のボーカリストはみな、がなるようにして歌っており、そのことは音楽のスタイルや歌詞に大きな影響を与えていたと思う。いまのように低体温な感じではけっして歌えなかったのである。
 そういうボーカリストの立場から見るとギターリストというのはきわめて羨ましい存在であった。というのはそらそうだ、こっちは生身で振り絞るようにして声を出している。しかるにギターリストはというと指先で、ちょいっ、とアンプのボリュームを操作するだけで易々と爆音・轟音を出すことができるのであり、どうしたって対抗できるものではない。
 しかしでもギターと雖もアンプを使って音を増幅しているのだからボーカルと同じくハウリングが起きないのか、というとそういうことがあった。けれどもギターにおいてはそれはハウリングではなく、フィードバック奏法という奏者によって意図された奏法で、ハウリングが忌むべき悪しきものであったのに比して、フィードバックはロックサウンドに欠かせぬ佳きものであったのである。
 そのフィードバック奏法の名手であったジミ・ヘンドリックスとそのグループ名を題名としたこの小説は、過去の記憶や経験を書く場合、ボーカリストとして書くと自分の声をなるべく大きく聞かせようとして悪しきハウリングを発生させてしまいがちなところを、ギターリストとして書くことによって、記憶や経験をフィードバックさせて気色のよいサウンドを鳴らしている。
 どういうことかというと、例えば十四年前に見たものを書く。そのためには十四年前のことをまず思い出す。記憶の弦を弾くのである。そして書く。すなわち、その弾いた弦の振動を磁石が拾い、その電流をアンプで増幅する、文章が爆音となってアンプから出る。そしてその書かれた音をまたピックアップが拾う。ここにフィードバックの環が完成するということである。
 過去と現在がループして互いに影響を与え合い、作られた愛おしい人生の時間が現出するのである。
 そしてループしフィードバックするのは過去と現在だけではなく、過去のある時期とまた別の時期がフィードバックする。或いは、こうであったであろうという記憶とそうあったかもしれないという可能性が、書くこと、すなわちそれを増幅させることによってフィードバックする。そのときその瞬間の自分の考えも書くことによってフィードバックして歪み、考えと考えが軋んで熱を帯びる。その熱がこの小説の最大の魅力である。
 ジミ・ヘンドリックスその人がギターを燃やしたその炎が、そのパフォーマンスがフィードバックして七輪の炭火やバーベキュー場での焚き火となる。相手にまったく伝わらない演奏となる。笑うなあ。でも、泣くなあ、と私は思った。
 そして最終的には自分がフィードバックしてくる。語り手がフィードバックして二重写しになる。恐ろしいくらい素晴らしい瞬間である。
 書くのは自分なのでどうとでも書くことができる。なので過去の記憶や経験や感情を書くとは自分が気色よいように、自分にとって都合がよいように書く、と、悪しきハウリングに陥る。
 その段、フィードバックは書き手が意識的にやっていること。書き手の管理下にあるノイズだから気色がよいのさ、ってことか。違う。フィードバックが気色がよいのはそれが常に逸脱をはらんでいるからだっせ。それをギリギリ限界で操っているからだっせ。とギターリストなら言うだろう。仰る通りだと思う。思いたくる。と、少しだけハウって。

(まちだ・こう 作家)
波 2015年9月号より
単行本刊行時掲載

目次

ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス
犬の尻のあたり
解説 近田春夫

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

滝口悠生
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto