ホーム > 書籍詳細:トロムソコラージュ

私は立ち止まらないよ――現代最高の詩人が描く、軽やかに時空を超える長編物語詩6編。鮎川信夫賞受賞作。

  • 受賞第1回 鮎川信夫賞

トロムソコラージュ

谷川俊太郎/著

464円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2011/12/01

読み仮名 トロムソコラージュ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-126624-4
C-CODE 0192
整理番号 た-60-4
ジャンル 詩歌
定価 464円

〈私は立ち止まらないよ/私は水たまりの絶えない路地を歩いていく〉いつまでも西日が眩しく、夜になるとオーロラが現れるノルウェー北部の都市トロムソでなかば即興的に書かれた、疾走感に満ちた表題作。あの世への旅のユーモラスなルポルタージュ「臨死船」。映画のように場面が切り替わる、静謐な愛の物語「この織物」。軽やかに時空を超え、深い余韻を残す6編の長編物語詩。

著者プロフィール

谷川俊太郎 タニカワ・シュンタロウ

1931年東京生れ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。以来2500を超える詩を創作、海外でも評価が高まる。多数の詩集、散文、絵本、童話、翻訳があり、脚本、作詞、写真、ビデオも手がける。1983年『日々の地図』で読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で鮎川信夫賞など。代表作に『六十二のソネット』『旅』『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』『はだか』『私』など。近刊に覚和歌子との『対詩 2馬力』がある。

目次

トロムソコラージュ
問う男
絵七日
臨死船
詩人の墓

「詩人の墓」へのエピタフ
この織物
あとがき
解説 江國香織

感想を送る

新刊お知らせメール

谷川俊太郎
登録する
詩歌
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類