ホーム > 書籍詳細:老後破産―長寿という悪夢―

「こんなはずじゃなかった……」
年金だけでは暮らせない過酷な現実を描く衝撃のルポ。

老後破産―長寿という悪夢―

NHKスペシャル取材班/著

594円(税込)

本の仕様

発売日:2018/02/01

読み仮名 ロウゴハサンチョウジュトイウアクム
装幀 前田せいめい/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-128379-1
C-CODE 0195
整理番号 え-20-9
ジャンル 家庭医学・健康
定価 594円

「預金が尽きる前に、死んでしまいたい」「こんなはずじゃなかった……」年金だけでは暮らせない。金が無いので病院にも行けない。食費は1日100円……。ごく普通の人生を送り、ある程度の預貯金もある。それでも、病気や怪我などの些細なきっかけで、老後の生活は崩壊してしまう。超高齢化社会を迎えた日本で、急増する「老後破産」の過酷な現実を、克明に描いた衝撃のノンフィクション。

著者プロフィール

目次

はじめに
序章「老後破産」の現実
第1章 都市部で急増する独居高齢者の「老後破産」
「年金だけでは暮らしていけない」/追いつめられていく日々
必死で働いてきても「報われない老後」/生活保護が受けられない?
独居高齢者の実状を把握する/「医者に行くお金もない……」
厚生年金のトリック/「生きていてもしょうがない」
貧しさを知られたくないために/生活保護支援の「壁」
「生きていて良かった」と思える明日へ/カラスが友だちという男性
~東京・港区の単身高齢者アンケートより~
広がる「老後破産」の実態/介護サービスを利用していない人が80%
正月をひとりで過ごす高齢者たち
第2章 夢を持てなくなった高齢者たち
介護サービスを切り詰めたい/使いたくても使えない介護保険
ひとりきりの老後/「外に出たい」/「こんな老後になるなんて」
ひとり息子と夫の死/都会の孤独/2か月に1度の楽しみ
避けられない「老後破産」/「家族機能」を前提とした介護保険制度
第3章‌ なぜ「老後破産」に陥るのか~社会保障制度の落とし穴
じわじわと追いつめられる「老後破産」の恐怖
「家」があっても生活保護は受けられる/「預金ゼロ」へのカウントダウン
医療負担が招く「老後破産」の悪夢/節約が招く“矛盾”
病気は「老後破産」の入り口/老後の「住まい」の選択肢
年金で暮らせる公営住宅の不足/「一生懸命に生きてきた結果が……」
SOSを発しないひとり暮らしの高齢者
「老後破産」で餓死寸前に陥った患者/病院から施設へ続く「漂流」
第4章 地方では見えにくい「老後破産」
「豊かな田舎暮らし」は本当か?/農村に広がる「老後破産」
サバイバルな自給自足の老後生活/食事は採ってきたもので
心臓に抱えた「爆弾」と医療負担
地方でも増え続ける独居高齢者~自治体調査より
第5章 急増する「老後破産」予備軍
見えにくい「老後破産」/親族の存在が遠ざけていた「支援」
他人の世話になることへの「罪悪感」
連鎖する「老後破産」/介護離職がきっかけ/病気で断たれた再就職への道
超節約術!/「病院にも行けない」
終章 拡大再生産される「老後破産」
おわりに
文庫版に寄せて
解説 藤森克彦

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

NHKスペシャル取材班
登録する
家庭医学・健康
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

老後破産―長寿という悪夢―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto