ホーム > 書籍詳細:此処 彼処

今ここに確かにあるものも、無常をのがれられない。……だからこそ、見ていたいと思うのです。人生と思わぬ縁を結んだいくつもの「わたしの場所」を愛惜を込めて綴る傑作自伝エッセイ。

此処 彼処

川上弘美/著

473円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2009/09/01

読み仮名 ココカシコ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-129239-7
C-CODE 0195
整理番号 か-35-9
ジャンル エッセー・随筆、文学賞受賞作家
定価 473円

玉川上水の一隅にある、「すわりどころ」と名付けた古びたベンチ。自分と同じ「弘美」という名をもつ浅草の喫茶店。アメリカ西海岸のいろんな街へ四歳のわたしを運んだワーゲンビートルの後部座席……。記憶の底に置き忘れた風景や、流れる時のなかで姿を変えた土地に慈しみの光をあて、人生と思わぬ縁を結んだいくつもの「わたしの場所」をのびやかに綴る自伝的連作エッセイ。

著者プロフィール

川上弘美 カワカミ・ヒロミ

1958(昭和33)年、東京都生れ。1994(平成6)年「神様」で第一回パスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞、1999年『神様』でドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞、女流文学賞、2001年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、2007年『真鶴』で芸術選奨文部科学大臣賞、2015年『水声』で読売文学賞を受賞。その他の作品に『椰子・椰子』『おめでとう』『龍宮』『光ってみえるもの、あれは』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『古道具 中野商店』『夜の公園』『ざらざら』『ハヅキさんのこと』『どこから行っても遠い町』『パスタマシーンの幽霊』『機嫌のいい犬』『なめらかで熱くて甘苦しくて』などがある。

目次

1月
彼処
浅草
出雲
羽田
2月
アリゾナ、ネヴァダ
デイビス
オレゴン
鶴巻
京橋
3月
銀座
関東
日間賀島
駒場
4月
二丁目
宮崎
学芸大学
246号
5月
千日前
神保町
世田谷
湯島
ボストン
6月
荻窪
珠洲
太子堂
お茶の水
7月
吉祥寺
日本橋
茗荷谷
長崎
8月
小豆島
小笠原諸島
マダガスカル・その1
マダガスカル・その2
マダガスカル・その3
9月
マダガスカル・その4
高井戸・その1
新宿
堅田
10月
阿佐谷
北千住
フィレンツェ
高井戸・その2
名古屋
11月
大手町
南長崎
長野
北海道
12月
大山
高井戸・その3
日進町
此処
文庫版あとがき
解説 酒井順子

感想を送る

新刊お知らせメール

川上弘美
登録する
エッセー・随筆
登録する
文学賞受賞作家
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類