ホーム > 書籍詳細:からくり民主主義

米軍基地問題、諫早湾干拓問題、若狭湾原発問題。民主の「民」ってだれヨ? 困った問題の根っこを見極めようと、悪戦苦闘してみました。

からくり民主主義

高橋秀実/著

680円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2009/12/01

読み仮名 カラクリミンシュシュギ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-133554-4
C-CODE 0136
整理番号 た-86-4
ジャンル 政治、ノンフィクション
定価 680円

賛否入り乱れる基地問題! 「反対」で生計を立てている人もいて、ことはそう単純ではありません。民(みんな)が主役の民主主義は、でも実際に現地を訪れると、その「みんな」が意外と見つからないのです。「世論」、「国民感情」、「国民の声」の主は誰か? 米軍基地問題、諫早湾干拓問題、若狭湾原発問題──日本の様様な困った問題の根っこを見極めようと悪戦苦闘する、ヒデミネ式ルポ。

著者プロフィール

高橋秀実 タカハシ・ヒデミネ

1961年横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒業。テレビ番組制作会社勤務を経て、ノンフィクション作家。『ご先租様はどちら様』で第10回小林秀雄賞、『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』で第23回ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。他の著書に『TOKYO外国人裁判』『ゴングまであと30秒』『にせニッポン人探訪記』『素晴らしきラジオ体操』『からくり民主主義』『トラウマの国ニッポン』『はい、泳げません』『やせれば美人』『趣味は何ですか?』『おすもうさん』『結論はまた来週』『男は邪魔!』『損したくないニッポン人』など。

目次

序章 国民の声――クレームの愉しみ
第1章 親切部隊――小さな親切運動
第2章 自分で考える人びと――統一教会とマインドコントロール
第3章 忘れがたきふるさと――世界遺産観光
第4章 みんなのエコロジー――諫早湾干拓問題
第5章 ガリバーの王国――上九一色村オウム反対運動
第6章 反対の賛成なのだ――沖縄米軍基地問題
第7章 危険な日常――若狭湾原発銀座
第8章 アホの効用――横山ノック知事セクハラ事件
第9章 ぶら下がり天国――富士山青木ヶ原樹海探訪
第10章 平等なゲーム――車椅子バスケットボール
終章 からくり民主主義――あとがきに代えて
参考・引用文献
解説 村上春樹

感想を送る

新刊お知らせメール

高橋秀実
登録する
政治
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類