ホーム > 書籍詳細:「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー

独創的な監督と下手でも生真面目に野球に取り組む、超進学校の選手たち。思わず爆笑、読んで納得のとびきり面白いノンフィクション!

  • 受賞第23回 ミズノスポーツライター賞
  • テレビ化弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~(2014年4月放映)
  • 100冊新潮文庫の100冊

「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー

高橋秀実/著

529円(税込)

本の仕様

発売日:2014/03/01

読み仮名 ヨワクテモカテマスカイセイコウコウヤキュウブノセオリー
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-133555-1
C-CODE 0195
整理番号 た-86-5
ジャンル スポーツ
定価 529円

甲子園も夢じゃない!? 平成17年夏、東大合格者数日本一で有名な開成高校の野球部が、東東京予選ベスト16に勝ち進んだ。グラウンドでの練習は週1日、エラーでも空振りでもかまわない、勝負にこだわりドサクサに紛れて勝つ……。監督の独創的なセオリーと、下手を自覚しながら生真面目に野球に取り組む選手たちの日々。思わず爆笑、読んで納得の傑作ノンフィクション!

どういう本?

一行に出会う 僕の場合は苦手ではないけど下手なんです。(本書16ぺージ)

著者プロフィール

高橋秀実 タカハシ・ヒデミネ

1961(昭和36)年横浜市生れ。東京外国語大学モンゴル語学科卒業。テレビ番組制作会社を経て、ノンフィクション作家。『ご先祖様はどちら様』で第10回小林秀雄賞、『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』で第23回ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。他の著書に『TOKYO外国人裁判』『ゴングまであと30秒』『素晴らしきラジオ体操』『からくり民主主義』『はい、泳げません』『趣味は何ですか?』『おすもうさん』『男は邪魔!』『損したくないニッポン人』『やせれば美人』『人生はマナーでできている』『日本男子♂余れるところ』『定年入門』など。

目次

1回 エラーの伝統
2回 理屈で守る
3回 みんな何かを待っている
4回 結果としての甲子園
5回 仮説の検証のフィードバック
6回 必要十分なプライド
7回 ドサクサコミュニケーション
8回 「は」ではなく「が」の勝負
9回 ややもすると甲子園
謝辞
野の球を追って 桑田真澄

関連コンテンツ

感想を送る

新刊お知らせメール

高橋秀実
登録する
スポーツ
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto