ホーム > 書籍詳細:私という病

男から欲情されたい。男に絶望していても。矛盾した「女」の自尊心に肉体ごと挑んだ、衝撃のデリヘル嬢体験記。

私という病

中村うさぎ/著

432円(税込)

本の仕様

発売日:2008/09/01

読み仮名 ワタシトイウヤマイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134172-9
C-CODE 0195
整理番号 な-60-2
ジャンル ノンフィクション
定価 432円
電子書籍 価格 475円
電子書籍 配信開始日 2014/11/07

「どうして私は、女であることを、おおらかに正々堂々と楽しめないのか」――男に負けないよう必死で手に入れた「勝ち組」の称号が、恋愛マーケットでは惨めな「負け組」と見なされる。愛されたい、だけど見返してやりたい……相反した女の欲情を抱いた作家が叩いた扉は、新宿歌舞伎町・熟女ヘルス。過激な〈実体験主義〉に潜む、普遍的な「女」の苦しみに肉体ごと挑んだ、戦いと絶望の全記録!

著者プロフィール

中村うさぎ ナカムラ・ウサギ

1958年、福岡県生まれ。同志社大学卒業。OLやコピーライターなどを経て小説家デビュー。壮絶な買い物依存症の日々を赤裸々に描いた週刊誌の連載コラム「ショッピングの女王」がブレイクする。『女という病』『私という病』『愛という病』『セックス放浪記』『狂人失格』(以上単著)『うさぎとマツコの往復書簡』(マツコ・デラックス氏との共著)『死を笑う うさぎとまさると生と死と』(佐藤優氏との共著)など著書多数。

目次

まえがき
第1章 セレブ妻・叶恭子(源氏名)のデリヘル日記
第2章 女は、女であることを確認してこそ「女」となる
第3章 男の「自己正当化」病と、女の「引き裂かれ」症候群
第4章 東電OLという病
あとがき
解説 伏見憲明

感想を送る

新刊お知らせメール

中村うさぎ
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

私という病

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

私という病

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!