ホーム > 書籍詳細:娘に語るお父さんの歴史

思春期の娘と中年を迎えた父が考えた。未来は明るい? 幸せって何? 親子で読みたい物語。

娘に語るお父さんの歴史

重松清/著

497円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/03/01

読み仮名 ムスメニカタルオトウサンノレキシ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134934-3
C-CODE 0195
整理番号 し-43-24
ジャンル エッセー・随筆、文学賞受賞作家
定価 497円
電子書籍 価格 551円
電子書籍 配信開始日 2016/08/26

「お父さんの子どもの頃って、どんな時代だったの?」15歳の娘の問いを機に、父は自分が育ってきた時代の「歴史」を振り返ることに。あの頃、テレビが家庭の中心だった。親たちは「勉強すれば幸せになれる」と教えていた。宇宙や科学に憧れ、明るい未来を信じて全力疾走していた……。そして、父が出した答えとは。明日へ歩み出す子どもたちへ、切なる願いが込められた希望の物語。

著者プロフィール

重松清 シゲマツ・キヨシ

1963(昭和38)年、岡山県生れ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。1991(平成3)年『ビフォア・ラン』でデビュー。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表している。著書は他に、『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『きみ去りしのち』『あすなろ三三七拍子』『ポニーテール』『空より高く』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『たんぽぽ団地』など多数。

目次

序章のまえに
序章 お父さんだって、昔は子どもだった

第一章 子どもたちはテレビとともに育った
テレビが送り出す二つのもの
テレビはお父さんの幼なじみだった
テレビは子どもたちに「時間」を教えた
お茶の間に全員集合、の時代
やがて哀しきテレビかな
第二章 子どもたちは「パパとママ」に育てられた
両親の呼び方が変わった
核家族の「核」とは……
子どもは夫婦の愛の結晶
「勉強しなさい!」はママの決まり文句
「幸せ」のありかが見えていた
いいこと、あるの?
第三章 子どもたちは「ふつう」を期待されていた
「どっちもあり」がなぜできないの?
「ふつう」の境界線
保育園は幼稚園より「下」なのか?
子どもは「よき生産人」たれ
大事なこと、ではあるのだが……
トモコさん、怒る!
「できれば……」のプレッシャー
オレは「かわいそう」だったのか?
「ふつう」に負けるな、子どもたち
第四章 子どもたちは、小さな「正義の味方」だった
時間が、急に速くなった
「速さ」は絶対的な「いいこと」だった
自転車に乗った正義の味方
三分間は速い? 遅い?
専守防衛のヒーローたち
第五章 子どもたちは「未来」を夢見ていた
あの頃は、こんな時代だった
「科学」が元気だった頃
走りつづけるニッポン
子どもたちは戦場にいた
あの頃は、こんな時代でもあった
おとなのずるさが子どもを傷つけた
それでも未来は信じられた
終章 きみたちがおとなになる日のために
終章のあとで

参考文献

感想を送る

新刊お知らせメール

重松清
登録する
エッセー・随筆
登録する
文学賞受賞作家
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

娘に語るお父さんの歴史

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

娘に語るお父さんの歴史

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!