ホーム > 書籍詳細:空が青いから白をえらんだのです―奈良少年刑務所詩集―

奇跡の詩集! 受刑者たちの言葉、切実さに、誰もが胸を打たれる――。朝日新聞、毎日新聞、など各紙誌で話題。

空が青いから白をえらんだのです―奈良少年刑務所詩集―

寮美千子/編

562円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2011/06/01

読み仮名 ソラガアオイカラシロヲエランダノデスナラショウネンケイムショシシュウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-135241-1
C-CODE 0192
整理番号 り-5-1
ジャンル 詩歌
定価 562円

受刑者たちが、そっと心の奥にしまっていた葛藤、悔恨、優しさ……。童話作家に導かれ、彼らの閉ざされた思いが「言葉」となって溢れ出た時、奇跡のような詩が生まれた。美しい煉瓦建築の奈良少年刑務所の中で、受刑者が魔法にかかったように変わって行く。彼らは、一度も耕されたことのない荒地だった──「刑務所の教室」で受刑者に寄り添い続ける作家が選んだ、感動の57編。

著者プロフィール

寮美千子 リョウ・ミチコ

東京生まれ、千葉育ち。外務省勤務、コピーライターを経て1986年、毎日童話新人賞を受賞。2005年、『楽園の鳥』で泉鏡花文学賞を受賞。翌年、古都に憧れ、首都圏より奈良に移住。絵本、詩、小説、自作朗読と幅広く活躍中。主な著書に『星兎』『夢見る水の王国』『ラジオスターレストラン 千億の星の記憶』など。

寮美千子ホームページ ハルモニア (外部リンク)

目次

はじめに
くも
金色
銀色
すきな色

ぼくのすきな色
夏の防波堤
ゆめ
夢と希望と挫折
朝だ 仕事だ
ソフトボール大会
衛生夫
好きな仕事
青バッジ
言い訳にするな
強がり
生きる
言葉
時間
暑い
消えた赤い糸
生きること
妄想
ありがとう
まほうの消しゴム
つぐない
恥曝しの末路
メール
今感じること
あたりまえ
青いイルカの物語
雨と青空
お母さん
バカ息子からおかんへ
誕生日
もうしません
ごめんなさい
いつからだろう


おかあさん?
誓い
一直線
いつも いつでも やさしくて
おかん
期待
拝啓オカンへ
空白
クリスマス・プレゼント
一恵
二倍のありがとう
ぼくのママ
母の日
二人のお母さん
こんなボク
戦士交代
あなたのこども
詩の力 場の力 寮美千子
文庫版あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

寮美千子
登録する
詩歌
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

空が青いから白をえらんだのです―奈良少年刑務所詩集―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto