ホーム > 書籍詳細:半島へ、ふたたび

帰国から五年余りのち――。僕は、北朝鮮と地続きのソウルに、初めて降り立った。新潮ドキュメント賞受賞作。

  • 受賞第8回 新潮ドキュメント賞

半島へ、ふたたび

蓮池薫/著

594円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2012/01/01

読み仮名 ハントウヘフタタビ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-136221-2
C-CODE 0195
整理番号 は-51-1
ジャンル ノンフィクション
定価 594円

その日、僕は韓国に初めて降り立った。ソウルの街を歩き、史跡を訪ね、過ぎ去りし植民地時代や朝鮮戦争を振り返る。しばしば、二十四年間囚われていた彼の国での光景がオーバーラップする。ここは、同じ民族が作った、「北」と地続きの国なのだ。旅の最後に去来した想いとは――。第二部として、翻訳家という新たな人生を切り拓いた著者の奮闘記を収める。新潮ドキュメント賞受賞作。

著者プロフィール

蓮池薫 ハスイケ・カオル

1957年新潟県柏崎市生れ。新潟産業大学准教授。1978年中央大学法学部三年在学中に拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。帰国後、同大学に復学し卒業。訳書に『孤将』『私たちの幸せな時間』『トガニ―幼き瞳の告発―』など多数。著書に『半島へ、ふたたび』『蓮池流韓国語入門』『夢うばわれても』『拉致と決断』などがある。

目次

まえがき
第一部 僕がいた大地へ
第二部 あの国の言葉を武器に、生きていく
あとがき
文庫版あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

蓮池薫
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類