ホーム > 書籍詳細:無限の網―草間彌生自伝―

水玉は、私の命――。芸術への尽きせぬ愛と情熱。天才アーティストの、勇気と感動の半生。

無限の網―草間彌生自伝―

草間彌生/著

724円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2012/04/01

読み仮名 ムゲンノアミクサマヤヨイジデン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-136541-1
C-CODE 0195
整理番号 く-43-1
ジャンル コンテンポラリーアート
定価 724円

果てしない無限の宇宙の神秘を量り、一個の水玉である自分の生命を描きたい──。長野県の生家を飛びだし、1950年代に単身渡米。ニューヨークでの無名時代の生き地獄、襲いくる心の病にも負けず、社会の既成概念に挑み、芸術への尽きせぬ情熱を開花させた、日本が誇る天才アーティスト。その魂の軌跡と愛した人々、進化し続ける創作について、自らの言葉で綴った、勇気と感動の書。

著者プロフィール

草間彌生 クサマ・ヤヨイ

前衛芸術家。小説家。1929(昭和4)年長野県松本市の種苗問屋の末娘として生まれる。10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに絵を描き始める。1957年渡米、翌年ニューヨークに移り、ネット・ペインティングを発表し話題となる。その後も彫刻、映像、パフォーマンス等、自らの表現を追求し続ける。1973年帰国。1983年小説『クリストファー男娼窟』で野性時代新人賞受賞。2009(平成21)年文化功労者に選出される。2011年テート・モダン(ロンドン)企画の欧米回顧展が国立ソフィア王妃芸術センター(マドリッド)からスタート、仏・英・米の主要美術館へ巡回。現在も毎日制作に取り組んでいる。

目次

第1部 ニューヨークに渡って
――前衛アーティストとしてのデビュー 1957―1966
第2部 故国を去るまで
――画家としての目覚め 1929―1957
第3部 反戦と平和の女王となって
――前衛パフォーマンスの仕掛け人 1967―1974
第4部 私の出会った人、愛した人
――G・オキーフ、J・コーネル、A・ウォーホル他
第5部 日本に帰ってから
――日本から発信する世界のクサマ 1975―2002
落涙の居城に住みて

感想を送る

新刊お知らせメール

草間彌生
登録する
コンテンポラリーアート
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

無限の網―草間彌生自伝―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto