ホーム > 書籍詳細:あのころの未来―星新一の預言―

夢見た世界に僕らは生きているのだろうか。はるかな〈いま〉を星新一は見つめていた。未来社会のテクノロジー、夢のマシン……星作品を読み解いて考える、科学の進歩と人間の未来。

あのころの未来―星新一の預言―

最相葉月/著

555円(税込)

本の仕様

発売日:2005/09/01

読み仮名 アノコロノミライホシシンイチノヨゲン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-148222-4
C-CODE 0195
整理番号 さ-53-2
ジャンル エッセー・随筆、ノンフィクション
定価 555円

ネット社会、クローン技術、臓器移植、生殖医療……現実に進行しているテクノロジーの諸問題。星新一のショートショートには、それらを予言するようなことが描き出されていた。ユートピアか、それとも悪夢なのか――。ひとと科学の関係を問い続ける著者が、星新一作品を読み解き、立ち止まって考える、科学と僕らのこれから。星新一の思想を知り人類の未来への想いを伝えるエッセイ。

著者プロフィール

最相葉月 サイショウ・ハヅキ

1963(昭和38)年、東京生れの神戸育ち。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、スポーツ、精神医療などをテーマに執筆活動を展開。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)『青いバラ』『東京大学応援部物語』『ビヨンド・エジソン』『最相葉月 仕事の手帳』『ナグネ――中国朝鮮族の友と日本』『辛口サイショーの人生案内』など多数。『星新一』にて大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞、日本SF大賞、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)、星雲賞(ノンフィクション部門)を受賞。

感想を送る

新刊お知らせメール

最相葉月
登録する
エッセー・随筆
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類