ホーム > 書籍詳細:東京大学応援部物語

「なんだか涙が出てしょうがなかった。」三浦しをんさん激賞! ――連敗の野球部を応援し続ける熱いやつらの青春ドラマ――

東京大学応援部物語

最相葉月/著

497円(税込)

本の仕様

発売日:2007/11/01

読み仮名 トウキョウダイガクオウエンブモノガタリ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-148224-8
C-CODE 0195
整理番号 さ-53-4
ジャンル ノンフィクション
定価 497円

東京六大学野球。連戦連敗の東大。そんな彼らをひたすら応援している学ラン姿の応援部。体面などかなぐり捨てたその姿に惹かれて取材を始めた著者が見たものは――自己犠牲は美しいと語るリーダー長、先輩には絶対服従の新入生。彼らは応援に何を求めているのか? 熱い時間を生きる彼らの姿が、胸を打つ。東大生をはみ出した男たちがくりひろげる、感涙必至の熱血青春ドラマ!

著者プロフィール

最相葉月 サイショウ・ハヅキ

1963(昭和38)年、東京生れの神戸育ち。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、スポーツ、精神医療などをテーマに執筆活動を展開。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)『青いバラ』『東京大学応援部物語』『ビヨンド・エジソン』『最相葉月 仕事の手帳』『ナグネ――中国朝鮮族の友と日本』『辛口サイショーの人生案内』など多数。『星新一』にて大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞、日本SF大賞、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)、星雲賞(ノンフィクション部門)を受賞。

目次

第一章 夏合宿
トマト
惨敗
矛盾
仲間
大出走
大マス
第二章 葛藤
自己犠牲
下級生
三年
信念
野球部
もうひとりの三年
第三章 秋神宮
開幕
立教戦
奇跡
第四章 ただひとつ
退部届
カツカツ
大空と
学ラン
一一人
ひたぶるの
応援するということ――あとがきにかえて
文庫版のためのあとがき
解説 三浦しをん

感想を送る

新刊お知らせメール

最相葉月
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類