トオイコエトオイヘヤ
遠い声 遠い部屋


トルーマン・カポーティ 河野一郎




父親を探してアメリカ南部の小さな町を訪れたジョエルを主人公に、近づきつつある大人の世界を予感して怯えるひとりの少年の、屈折した心理と移ろいやすい感情を見事に捉えた半自伝的な処女長編。戦後アメリカ文学界に彗星のごとく登場したカポーティにより、新鮮な言語感覚と幻想に満ちた文体で構成されたこの小説は、発表当時から大きな波紋を呼び起した記念碑的作品である。

発行形態 : 新潮文庫
判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-209502-7
C-CODE : 0197
整理番号 : カ-3-2
発売日 : 1971/08/03


637円(定価) 購入


プロフィール 感想を送る

トルーマン・カポーティ
Capote,Truman

(1924-1984)ルイジアナ州ニューオーリンズ生れ。21歳の時「ミリアム」でO・ヘンリ賞を受賞(同賞は計3回受賞)。1948年『遠い声 遠い部屋』を刊行、早熟の天才―恐るべき子供、と注目を浴びた。著書に短編集『夜の樹』、中編『草の竪琴』『ティファニーで朝食を』、ノンフィクション・ノヴェル『冷血』など。晩年はアルコールと薬物中毒に苦しみ、ハリウッドの友人宅で急死した。



河野一郎 

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

トルーマン・カポーティ 登録


他の条件で登録する



ページの先頭へ戻る