ホーム > 書籍詳細:殺人者たちの午後

殺人を犯したのち、「奇妙な自由」のなかで生きることを運命づけられた10人の告白録。

殺人者たちの午後

トニー・パーカー/著、沢木耕太郎/訳

724円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/05/01

読み仮名 サツジンシャタチノゴゴ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-220031-5
C-CODE 0198
整理番号 ハ-57-1
ジャンル 評論・文学研究、ノンフィクション
定価 724円

「あなたはなぜ、人を殺したのですか?」死刑制度のないイギリスで、殺人事件を犯した後、仮釈放され社会のなかで罪を償うことになった終身刑受刑者たちに取材した驚愕の告白録。息子を殺し、自らの狂気におびえ続ける男。祖父をハサミで刺殺し、刑務官になることを夢見る青年。人を殺(あや)めたのち、奇妙な自由のうちに生き続けることを命じられた10人の魂の独白を、沢木耕太郎が訳出。

著者プロフィール

トニー・パーカー Parker,Tony

(1923-1996)イギリス・ランカシャー生れ。作家、ジャーナリスト。市井の人々を取材し、優れたモノローグとして発表する手法で、「テープレコーダーの魔術師」と呼ばれた。翻訳された作品に『死刑への偽証』『ロシアの声』『アメリカの小さな町』などがある。

沢木耕太郎 サワキ・コウタロウ

1947年、東京生れ。横浜国大卒業。ほどなくルポライターとして出発し、鮮烈な感性と斬新な文体で注目を集める。『若き実力者たち』『敗れざる者たち』等を発表した後、1979年、『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、1982年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞、1985年に『バーボン・ストリート』で講談社エッセイ賞を受賞。1986年から刊行が始まった『深夜特急』三部作では、1993年、JTB紀行文学賞を受賞した。ノンフィクションの新たな可能性を追求し続け、1995年、檀一雄未亡人の一人称話法に徹した『檀』を発表、2000年には初の書き下ろし長編小説『血の味』を刊行している。2006年に『凍』で講談社ノンフィクション賞を、2014年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞。近年は長編小説『波の音が消えるまで』『春に散る』を刊行。ノンフィクション分野の仕事の集大成として「沢木耕太郎ノンフィクション」が刊行されている。

感想を送る

新刊お知らせメール

トニー・パーカー
登録する
沢木耕太郎
登録する
評論・文学研究
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

殺人者たちの午後

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto