ホーム > 書籍詳細:ケインズかハイエクか―資本主義を動かした世紀の対決―

経済学をいまなお揺るがし続ける二人の天才。その素顔と対立、友情を活写した力作評伝。

ケインズかハイエクか―資本主義を動かした世紀の対決―

ニコラス・ワプショット/著、久保恵美子/訳

961円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/08/01

読み仮名 ケインズカハイエクカシホンシュギヲウゴカシタセイキノタイケツ
シリーズ名 Science&History Collection
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-220051-3
C-CODE 0198
整理番号 シ-38-25
ジャンル 経済学・経済事情
定価 961円

大きな政府か、小さな政府か――。経済と政治を百年にわたって揺るがし続ける大命題をめぐり、対立した経済学の二大巨頭。世界恐慌からの回復期にあって、二人の天才はなぜ真っ向から衝突したのか。正しかったのは一体どちらなのか。学界から政界へ、イギリスからアメリカへと舞台を移しながら繰り返された激しい抗争、そして知られざる信頼と友情の物語を巧みに描いた力作評伝。

著者プロフィール

ニコラス・ワプショット Wapshott,Nicholas

1952年英国生れ。ジャーナリスト、作家。「タイムズ」や「オブザーバー」誌などで記者・編集者として活躍後、アメリカに拠点を移す。キャロル・リード、レックス・ハリソンらの評伝を執筆、2011年に刊行した『ケインズかハイエクか』で注目を集める。他の著書に『レーガンとサ ッチャー』などがある。現在は新聞やテレビのコメンテーター、大学の客員教授としても活躍中。

久保恵美子 クボ・エミコ

翻訳家。東京大学経済学部卒業。訳書にバジョット『ロンバード街』、フリードマン、シュウォーツ『大収縮1929-1933』、クラーク『10万年の世界経済史』『格差の世界経済史』、ワプショット『ケインズかハイエクか』『レーガンとサッチャー』、モス『世界のエリートが学ぶマクロ経済入門』など。

目次

序文
第一章 魅力的なヒーロー
ケインズがハイエクの崇拝対象になるまで 一九一九~二七年
第二章 帝国の終焉
ハイエクがハイパーインフレを直接経験する 一九一九~二四年
第三章 戦線の形成
ケインズが「自然な」経済秩序を否定する 一九二三~二九年
第四章 スタンリーとリヴィングストン
ケインズとハイエクが初めて出会う 一九二八~三〇年
第五章 リバティ・バランスを射った男
ハイエクがウィーンから到着する 一九三一年
第六章 暁の決闘
ハイエクがケインズの『貨幣論』を辛辣に批評する 一九三一年
第七章 応戦
ケインズとハイエクが衝突する 一九三一年
第八章 イタリア人の仕事
ケインズがピエロ・スラッファに論争の継続を依頼する 一九三二年
第九章 『一般理論』への道
コストゼロの失業対策 一九三二~三三年
第十章 ハイエクの驚愕
『一般理論』が反響を求める 一九三二~三六年
第十一章 ケインズが米国を魅了する
ルーズヴェルトとニューディールを支持する若手経済学者たち 一九三六年
第十二章 第六章でどうしようもなく行き詰まる
ハイエクがみずからの『一般理論』を書く 一九三六~四一年
第十三章 先の見えない道
ハイエクがケインズの対応策を独裁に結びつける 一九三七~四六年
第十四章 わびしい年月
モンペルラン・ソサエティーとハイエクのシカゴ移住 一九四四~六九年
第十五章 ケインズの時代
三十年にわたる米国の無双の繁栄 一九四六~八〇年
第十六章 ハイエクの反革命運動
フリードマン、ゴールドウォーター、サッチャー、レーガン 一九六三~八八年
第十七章 戦いの再開
淡水学派と海水学派 一九八九~二〇〇八年
第十八章 そして勝者は……
「大不況」の回避 二〇〇八年以降
謝辞/原註/参考文献抜粋
解説 松原隆一郎

判型違い(書籍)

関連コンテンツ

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

ニコラス・ワプショット
登録する
久保恵美子
登録する
経済学・経済事情
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ケインズかハイエクか―資本主義を動かした世紀の対決―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto