ホーム > 書籍詳細:本当の強さとは何か

格闘技界最大レジェンドの「真の強さ」に、大宅賞作家が肉薄する最強本!

本当の強さとは何か

増田俊也/著、中井祐樹/著

1,404円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/07/15

読み仮名 ホントウノツヨサトハナニカ
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 239ページ
ISBN 978-4-10-330072-4
C-CODE 0095
ジャンル スポーツ
定価 1,404円
電子書籍 価格 1,123円
電子書籍 配信開始日 2017/01/13

柔道と柔術を極めた「伝説の格闘家」と、木村政彦の遺志を伝え続ける作家による最強対談。相手の反則で、24歳で片目失明により総合格闘家を引退するも、数年後には柔術家として復活。日本柔術界トップとして多くの弟子を育てている中井の「強さ」の神髄に増田が迫る。二人が共に汗を流した、七帝柔道(北大)の秘話も満載!

著者プロフィール

増田俊也 マスダ・トシナリ

1965年生まれ。北海道大学中退。愛知県立旭丘高校から七帝柔道に憧れて北大に入学。4年生の夏の七帝戦を最後に引退し大学を中退、北海タイムス社記者に。2年後に中日新聞社に移る。中日在職中の2006年『シャトゥーン ヒグマの森』(宝島社)で「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞しデビュー。2012年『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)で大宅賞と新潮ドキュメント賞をダブル受賞。2013年、北大時代の青春を描いた自伝的小説『七帝柔道記』(KADOKAWA)で山田風太郎賞最終候補。他著に『VTJ前夜の中井祐樹』(イースト・プレス)など多数。2016年春、四半世紀勤めた中日新聞社を早期退職し、本格的な作家生活に入った。

中井祐樹 ナカイ・ユウキ

ブラジリアン柔術家、元総合格闘家。1970年、北海道浜益村生まれ。北海道大学法学部中退。札幌北高校ではレスリング部だったが、北海道大学で寝技中、心の七帝柔道に出会い、柔道に転向。七帝戦で北大を12年ぶりの優勝に導き、4年生の夏に大学中退。上京してプロシューティンブー(現在のプロ修斗)に入門、打撃技も身に付けて総合格闘家に。1994年、プロ修斗第2代ウェルター級王者に就き、1995年のバーリトゥード・ジャパン・オープン95に最軽量の71キロで出場。1回戦のジェラルド・ゴルドー戦で右眼を失明しながら勝ち上がり、決勝でヒクソン・グレイシーと戦う。このときの右眼失明で総合格闘技引退を余儀なくされたがブラジリアン柔術家として復活。現在、日本ブラジリアン柔術連盟会長、パラエストラ東京代表。

書評

中井祐樹という生き方

夢枕獏

 一九九三年くらいから中井祐樹の試合は観戦していたはずなのだが、ぼくにとって彼が特別な存在になったのは、一九九四年九月二十六日、後楽園ホールでやったブラジル人アートゥー・カチャーとの試合からである。ぼくはその日、会場でその試合を見た。そしてその試合によってようやく、ぼくは中井祐樹という格闘家の特異点に気がついたのであった。
 というのも、その前年一九九三年十一月十二日、アメリカのデンバーにおいて、当時にあっては異形の格闘技「アルティメット大会」が始まっていたからである。この大会の第一回目の試合が開催される半年くらい前から、ぼくは主催者であるホリオン・グレイシーと連絡をとりあっていて、
「ふたりの男が金網の中に入ってゆき、ひとりの男が出てくる」
 という刺激的なキャッチコピーを知らされていたのである。この試合、なんと眼への攻撃と噛みつきだけが禁止で、あとは全ての攻撃がルール上、許されていた。体重制限もなし。このルール、なんと古代オリンピックで行われていたパンクラチオンという競技とまったく同じであった。この「アルティメット大会」は、前記した中井対カチャー戦までの間にすでに三回開催されていたのである。
 このルールで、ブラジリアン柔術出身のバーリトゥーダーや、身体の大きな外国人選手にどうやったら日本人が勝てるのか。そんなことを自分なりに考えあぐねていた時期に中井祐樹という答えをぼくは発見したのである。
 この試合でアートゥー・カチャーに中井祐樹が引き分けた。そして、我々は中井祐樹の出身母体となった七帝柔道(当時は高専柔道として紹介された)という異形の柔道――柔術の香りを色濃く残した競技の存在を知ることになったのである。
 中井祐樹という人間の大きな徳は、いつでもオープンマインドであるということだ。かつては、格闘技の団体が違えば、交流はほとんどなかった。選手どうしは団体が違っても仲がいいというケースはあったものの、ある団体の選手が他団体のリングに上がるということはほとんどなかったと言っていい。その垣根は今はかなり取りはらわれていて、多くの選手が、幾つもの団体のリングに上がることができる状況が生まれている。このことの最大の功労者は中井祐樹である。中井祐樹の顔は、どの格闘技団体の試合会場に行ってもあったし、大道塾という空手(現在は空道と呼ばれている)団体の試合会場にも中井祐樹の顔があった。
 そのことの意味が、本書を読むことによってあらためて読み手に伝わってくる。それは聞き手が、七帝柔道の先輩である増田俊也であるというところが大きい。増田俊也であるからこそ引き出せた話や、中井祐樹の本音に近い話が少なからずある。
 ぼくにとって、それは、
『「UFCチャンピオンになります」って言っても絶対になれないです。絶対無理です。「UFC出たいです」、出れないです。絶対無理です。20回くらい防衛して、アメリカで大スターになって、アメリカの舗道に手形を残すスーパースターになってる自分を描くぐらいの突き抜けた練習量、突き抜けた非合理的な努力をしないと絶対に無理です』
 と中井祐樹が言うあたりである。その一方でまた、
『でも人が上手くなるってそういうことじゃないですよね。何年間で結果が出るっていうものじゃないですよ。そういう意味ではオリンピックとか厳しいですけど、でも本当に本質的なことを考えたら、そういうものじゃない。その人の完成が4年間じゃなきゃいけないっていうわけじゃない』
 このようにも語っているのである。
 本書でも語られているが、今日、柔道ルールは、オリンピックに偏りすぎている。柔道はもう伝える者がほとんどいなくなりつつある古流柔術に対して責任を負っていると思うのである。オリンピック柔道をやる一方で、そういう古流の技術や精神を伝えてゆくルールで、せめて二年に一回ずつくらいは試合を開催してくれないものか。試合がないと技術は忘れられてしまうものだからである。
 格闘家であるぼくの友人が言った言葉がある。
「試合前の稽古って辛いんですよ。でもすごく充実してるんです。このごろはようやく、試合のために稽古をするんじゃなくて、この充実した時間のために試合があるんだって思えるようになりました」
 本書はつまり、人の生き方、志についての本であったというのが読んだ実感である。

(ゆめまくら・ばく 作家)
波 2016年8月号より

目次

ユーキ・ナカイという偉大なる男 増田俊也
第一章 北大柔道部とプロ修斗の頃
映画『SP野望篇』で見せた本物の技
プロレスファンが格闘技に目覚めるまで
「中井さんは柔道場に住んでいる」
シューティング入りの裏話
デビュー戦は「キムラ」で極めた
アルティメット大会が日本に与えた衝撃
ゴルドー戦について、いま思うこと
ブラジリアン柔術への転向
「楽しんでやる」柔術カルチャーの神髄
柔術でビジネスシステムを構築する
第二章 強い「指導者」として
自分の総合格闘技道場を開く
日本柔道が世界で勝つためには
中井流指導法の確立
非合理的な練習から生まれる本当の力
「したい」ではなく「絶対にやる」という信念
「下になったほうが美味しいじゃん」
キッズ選手たちをどうやって伸ばすか
指導者は何かを追いかけないとだめ
第三章 柔らかな思考こそ強さを生む
日大と慶應の柔道部を指導
七帝戦が凄いことになっている
乱取り中心主義の問題点
日本の「スポーツ文化」の問題点
日本のスポーツを変えたのは誰か
柔道人口減少と町道場文化の復活
日本の出稽古文化を絶やすな
柔道ルールはここまで変わった
講道館柔道にプライドを持て
第四章 護身術と、護身的思考
本当の「護身術」とは何か
女性に一番適した護身術は
体を鍛えておくことの重要性
勝敗だけで人生の全体は語れない
人間的強さを身につける最適の方法
強豪校の入口に立てる七帝柔道
中井の得意技「文子絞め」を考案した意外な人物
文化遺産的な七帝ルールも遺すべき
塗り替わってきた格闘技地図
第五章 強くあれ。そして考える人であれ
人間的強さの源泉とは
中井ジムの強さの秘密
RIZINを観戦して思ったこと
クロン・グレイシーはさすがの強さ
日本柔道と日本柔術のこれから
柔術の普及により生まれた「歪み」
いまこそ武専の復活が必要だ
中井スタイルはウィンドウズ方式
私の格闘技精神がすべて詰まった本 中井祐樹

イベント/書店情報

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

増田俊也
登録する
中井祐樹
登録する
スポーツ
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

本当の強さとは何か

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

本当の強さとは何か

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!