ホーム > 書籍詳細:高校生ワーキングプア―「見えない貧困」の真実―

働かなければ学べない。進学や就職、未来を奪われた子どもたちの叫び!

高校生ワーキングプア―「見えない貧困」の真実―

1,404円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2018/02/16

読み仮名 コウコウセイワーキングプアミエナイヒンコンノシンジツ
装幀 DigitalVison/写真、Getty Images/写真、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 220ページ
ISBN 978-4-10-405609-5
C-CODE 0095
ジャンル ノンフィクション
定価 1,404円

学費のみならず、生活費を稼ぐためダブルワークは当たり前。もらいものばかりの家では、親に代わりきょうだいの世話や家事をこなす毎日。成績優秀でも学費が賄えず、多額の奨学金をはじめ「多重債務」を背負う危険性も……。最新ファッションにスマートフォン、一見すると、普通の彼らが直面する「見えない貧困」の実態を炙り出す。

目次

はじめに
序章 働かなければ学べない
高校生が抱える悩み/『ワーキングプア』から10年/子どもの貧困が本格化している/日本の子どもが危ない/「高校生」が分水嶺になる理由/「いつまでも中流だと思いたい」団塊ジュニアの悲哀
第一章 家計のために働く高校生たち
「働くのは当たり前」/大黒柱になった女子高生/彼女が働く理由/「高校生ワーキングプア」のリアルな一日/自慢のお姉ちゃん/事故に遭う/それでも「家族を守りたい」/進学――夢への第一歩
第二章 奨学金という“借金”を背負って進学する高校生たち
高校で開かれる奨学金の説明会/生徒の6割が奨学金を申し込む/「奨学金は借金です」/2人に1人が奨学金を借りる時代/高卒求人の激減/奨学金に頼るしかない/手続きで浮かんできた「見えない貧困」/ある女子生徒との出会い/母親との顔合わせ/日本学生支援機構の奨学金/「奨学金が返せない」非正規労働で働く若者たち/奨学金=借金800万円を背負う/教師になるために努力した3年間/親には相談できない/入学金が払えない?/労働金庫(ろうきん)での申し込み/進学費用はどこに頼る?/給付型奨学金が導入されても……/国の教育ローン/子どもの将来のために/奨学金返済で結婚や出産ができない/母親から届いたメール/大学に合格
第三章 アルバイトで家計を支える高校生たち
普通に見える高校生が……/生活費のために働く高校生が51%/お金がないと友達と遊べない/「働くことが多くてしんどい」/アルバイトで成績が下がった/高校生の「生活困窮」に気づかない教師たち/働き方をどう教えるのか――ある高校の模索から/貧困の再生産を繰り返させないために/ぶり奨学金とは?/奨学金返済支援プログラム
第四章 「子どもの貧困」最前線を追う
子どもたちの「見えない貧困」/ある親子との出会い/貧困を見せないようにする/もらいものに囲まれた生活/今の生活から抜け出せない/足りないものは何ですか?/人とのつながりが与えてくれたもの/見ようとしないと「見えない」/子どもの貧困がもたらす心への影響/社会的損失40兆円の衝撃/「頑張らない自分のせい」=自己責任論/スマートフォンがライフライン/社会的な経験の欠如/大人にさせられた子どもたち/教育の機会の欠如/「高校生ワーキングプア」を支えたい――ある予備校の試み/子どもを守りたい親たちの苦しみ
第五章 「見えない貧困」を可視化する
貧困を可視化する大阪府の実態調査/困窮度を4段階に分類/子どもたちの剥奪指標/3つの欠如/調査から見えてきた「ひとり親家庭」の厳しさ/「困窮度Ⅰ」(=相対的貧困)の家族の暮らし/家事は子どもの仕事/物的資源の欠如とは/新しい衣服や靴が買えない/人とのつながりの欠如/ヒューマン・キャピタルの欠如/対策はどう進めるのか?/「お母さんが好きだから」/子どもたちの声を潰さない社会に
おわりに

感想を送る

同じジャンルの本

書籍の分類

高校生ワーキングプア―「見えない貧困」の真実―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto