ホーム > 書籍詳細:バートルビーと仲間たち

書けない症候群に陥った作家たちの謎の時間を探る、異色世界文学史小説。

バートルビーと仲間たち

エンリーケ・ビラ=マタス/著、木村榮一/訳

2,052円(税込)

本の仕様

発売日:2008/02/29

読み仮名 バートルビートナカマタチ
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 223ページ
ISBN 978-4-10-505771-8
C-CODE 0097
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 2,052円

一行も文章を書かなかったソクラテス、十九歳ですべての著書を書き上げ、最後の日まで沈黙し続けたランボー、めくるめくような四冊の本を書き上げ、その後三十六年間私生活の片鱗をも隠し続けたサリンジャー……。共通する「バートルビー症候群」を解き明かし、発見する、書くことの秘密。新鮮なスペイン文学最高峰。

著者プロフィール

エンリーケ・ビラ=マタス Vila-Matas,Enrique

1948年、スペイン、バルセローナに生まれる。大学生の頃から雑誌の編集に携わり、映画評論を執筆。映画の制作にも関わる。1984年に発表した『詐欺』で小説家として知られるようになり、1985年に芸術家たちの秘密結社を描いた『ポータブル文学小史』で一躍脚光を浴びる。以後着実に作品を発表して、本国はもとよりフランス、イタリアなどの様々な文学賞を受賞。『バートルビーと仲間たち』も出版直後から大きな反響を呼び、フランスの「外国最優秀作品賞」などを受賞した。作品は発表後すぐに数多くの外国語に翻訳される。現在もっとも熱い注目を集めているスペインの作家。

木村榮一 キムラ・エイイチ

1943年、大阪生まれ。スペイン文学・ラテンアメリカ文学翻訳者。神戸市外国語大学イスバニア語科卒、同大学教授、学長を経て、現在、神戸市外国語大学名誉教授。主な著書に、『ドン・キホーテの独り言』、『翻訳に遊ぶ』(岩波書店)、『ラテンアメリカ十大小説』(岩波新書)など。主な訳書にコルタサル『悪魔の涎・追い求める男』(岩波文庫)、バルガス=リョサ『緑の家』(岩波文庫)『若い小説家に宛てた手紙』(新潮社)、ガルシア=マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』、『コレラの時代の愛』、『ぼくはスピーチをするために来たのではありません』(新潮社)、『グアバの香り――ガルシア=マルケスとの対話』(岩波書店)他、多数。

書評

波 2008年3月号より 不思議な「友達の輪」

柴田元幸

非常に不思議な本である。まず、『バートルビーと仲間たち』というタイトルからして不思議である(スペイン語の原題もBartleby y compania)。バートルビーといえば、ハーマン・メルヴィルの有名な短篇の主人公で、最初は法律文書を書き写す仕事だけはするけれども、やがてそれもしなくなり、何を命じても“I prefer not to”(本書の木村榮一訳では「せずにすめばありがたいのですが」)の一点張り、ついには食べることも拒んで死んでいく男である。「仲間たち」と組み合わせるのに、これほど不似合いな固有名詞もそうはない。
86のセクションのなかで、何らかの意味で書くことを放棄した作家たちが取り上げられ、彼らが書かなくなるに至ったそれぞれの事情が語られる。なぜもう書かないのかと訊かれるたび「実はぼくにいろいろ話を語って聞かせてくれていたセレリーノおじさんが亡くなったんです」と答えたフアン・ルルフォ(沈黙歴三十年)、「英語を勉強したためにそれまで気にとめたことのなかった複雑な意味に敏感になって頭が混乱し、そのせいで書くことをやめてしまった」フェリーペ・アルファウ(沈黙歴五十一年)、「幻覚に陥りやすい彼の精神がさまざまな領域を彷徨した」のがおそらく原因で一行も文章を書かなかったソクラテス(沈黙歴一生)、十九歳で文学から遠ざかったランボー(沈黙歴約十八年)、そしてサリンジャー等々、まさにバートルビーの「仲間たち」が次々登場する。語り手自身、二十五年前に短い小説を出版して以来何も書かず、バートルビー同様「ぞっとするような事務所」で働いている。
だが、「バートルビー」が「仲間たち」と組み合わされるのが似つかわしくないのと同じに、まあソクラテスのような対話の人はともかく、言及される作家の大半は世捨て人的な存在であり、彼ら同士があたかも「友達の輪」を形成しているかのように、たがいにゆるやかにつながる形で語られていくのも、妙といえば妙なのである。ほとんど自由連想のようにどんどん広がっていく、友達のいない人同士の友達の輪。これも不思議といえば不思議である。
容貌も冴えず、もはや若くもない語り手自身のぱっとしない人生の記述にしても、ヌーヴォー・ロマンにかぶれて書けなくなったかつての女友達の話や、ニューヨークのバスの中でサリンジャーを見かけた体験(語り手はサリンジャーに声をかけるか、隣の美しい娘に愛を告白するかで迷いきってしまう)、単に愉快な挿話というだけで済ませられないものを感じる。
これがたとえば、本書と同じく二〇〇〇年に刊行された、ブラジルの作家ルイス・フェルナンド・ヴェリッシモの『ボルヘスと永遠のオランウータン』のように、ボルヘスや探偵小説に対するさほど屈託のないオマージュであれば、安心してニヤニヤしながら読んでいればいい。だがこちらは、扱っている主題自体は、書くことの不可能性、文学に対する根源的な懐疑、といったすさまじく重いテーマである。そして、呑気なゴシップと並んで、たとえばパウル・ツェランの名が挙がり、ツェランが「沈黙と破壊の時代にあって、教養とは無縁な傷口の中を掘り進むことしかできなかった」という指摘とともに、呑気さとは無縁のツェランの詩が引用されていたりもするのである。
要するにこの語り手は、テーマの重みを自明視することだけは何としてでも避けようと思っているように読めるのである。少なくとも僕はそのように読み進んだ。念のため言っておくが、つまらないとか不快とかいうことではまったくない。むしろそれこそがこの作品の妙味だと言っているのである。世間ではとりあえず重たいということになっているテーマに関して、それが本当にどれくらい重たいものなのか、読み手が自分で一から問うよう促すには、重さを自明視したしかめっ面の語り方よりも、この一見おそろしく「適当」な語り方のほうがはるかに有効にちがいない。
現代のスペイン語文学には、文学そのものを素材にした小説が多いように思える。それだけ、文学が切実に世界の一部だということか。英語文学を専門にしている人間としては、かなりうらやましい。


(しばた・もとゆき アメリカ文学)

感想を送る

新刊お知らせメール

エンリーケ・ビラ=マタス
登録する
木村榮一
登録する
文芸作品
登録する
評論・文学研究
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

バートルビーと仲間たち

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto