ホーム > 書籍詳細:ブリューゲルの世界

話題の傑作《バベルの塔》には何が描かれている? 全画業に迫る決定版!

ブリューゲルの世界

森洋子/著

1,944円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/04/18

読み仮名 ブリューゲルノセカイ
シリーズ名 とんぼの本
装幀 ピーテル・ブリューゲル《バベルの塔》 1563年ウィーン 美術史美術館蔵/カバー表、広瀬達郎(新潮社写真部)/撮影、大野リサ/ブックデザイン
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 159ページ
ISBN 978-4-10-602274-6
C-CODE 0371
ジャンル アート・建築・デザイン
定価 1,944円

農村の四季や子供の遊び、聖書や諺の世界――あっと驚く構図に超細密技法で、16世紀フランドルの無名の人々の営みを写し取った天才画家。懐かしくも新鮮なその絵画世界を、ブリューゲル研究の第一人者が解き明かします。真筆41点のすべて、新発見の《聖マルティンのワイン祭り》ほか最新知見もたっぷりと紹介。

著者プロフィール

森洋子 モリ・ヨウコ

美術史家、明治大学名誉教授。新潟県生れ。お茶の水女子大学哲学科卒業後、ミュンヘン大学で西洋美術史を学ぶ。米ブリンマー・カレッジ美術史学科で修士号取得。ベルギー政府給費留学生としてブリューゲルを研究、国際基督教大学で学術博士号取得。ブリューゲルの研究書に対し、サントリー学芸賞、芸術選奨文部大臣賞、ウジェーヌ・ベェ国際賞などを受賞。1988年にベルギー国王より王冠勲章シュヴァリエ章、2001年に紫綬褒章を受章。2011年にベルギー王立考古学アカデミー外国人会員に選出。主な著書に『ブリューゲル全作品』(中央公論新社)、『ブリューゲルの諺の世界―民衆文化を語る』(白凰社)、『ブリューゲルの「子供の遊戯」―遊びの図像学』『シャボン玉の図像学』『ブリューゲル探訪―民衆文化のエネルギー』(いずれも未來社)など。共著に『ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界』(Bunkamura+読売新聞社)、『図説 ベルギー 美術と歴史の旅』(河出書房新社)など。

目次

はじめに
ブリューゲル巡礼地図
第1章
生涯篇
アントワープからブリュッセルへブリューゲル40数年の軌跡
第2章
作品篇1
広場のブリューゲル 諺・祝祭と禁欲・子供
第3章
作品篇2
聖書の世界 ヒエロニムス・ボスなど先人画家への挑戦
第4章
作品篇3
農民の季節の仕事と楽しみ
第5章
作品篇4
ブリューゲルは語る 寓意画の世界
コラム
ブリューゲル交友録
ブリューゲルの版画世界
敬虔なカトリック教徒ブリューゲル
【系譜】
五世代にわたるブリューゲル一族の画家たち
【旅】
今日でも出会えるブリューゲルの世界
ボクレイク野外博物館
ブリューゲルと私――あとがきに代えて
ブックガイド
もっとブリューゲルを知るために

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

森洋子
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ブリューゲルの世界

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto