ホーム > 書籍詳細:ちゃぶ台返しの歌舞伎入門

「おおっ、こりゃやべえ!」
キテレツなものを見る喜び――。

ちゃぶ台返しの歌舞伎入門

矢内賢二/著

1,296円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/06/23

読み仮名 チャブダイガエシノカブキニュウモン
シリーズ名 新潮選書
装幀 駒井哲郎/シンボルマーク、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 223ページ
ISBN 978-4-10-603811-2
C-CODE 0374
ジャンル 日本の伝統文化
定価 1,296円

歌舞伎という古くて新しいエンターテインメントを心底たのしむには、入門書でのお勉強だけじゃ足りません。意味より「かたち」、大嘘にこそ宿るリアル――「演劇鑑賞」ならぬ「芝居見物」の勘どころさえおさえれば、時代をこえた気持ちよさが味わえる! 江戸から遠く離れた現代人のための、目からウロコの歌舞伎の見方。

著者プロフィール

矢内賢二 ヤナイ・ケンジ

1970年、徳島県生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は、幕末から明治期の歌舞伎を中心とする日本芸能史・文化史。日本芸術文化振興余(国立劇場)勤務、立正大学准教授などを経て、2017年6月現在、国際基督教大学准教授。『明治キワモノ歌舞伎 空飛ぶ五代目菊五郎』(白水社)でサントリー学芸賞を受賞。他の著書に『明治の歌舞伎と出版メディア』(ペりかん社)、『日本の伝統芸能を楽しむ 歌舞伎』(偕成社)などがある。

目次

はじめに
考察編 歌舞伎の気になるところ
一 隈取について
白塗りの美学/隈取の超人的パワー/生身の顔との「二重写し」/歌舞伎は役者の肉体が命
二 見得について
ゴレンジャーと白浪五人男/その瞬間、激情がスパークする/ 「にらみ」は呪力を放つ/異様なものを見る喜び
三 型について
大嘘の中にリアルが宿る/「かたち」と「意味」を秤にかければ/「わかりやすさ」のジレンマ
四 世界と趣向
「世界」という方法/「世界」の業務用カタログがあった/ ○○だが、また○○でもある/「趣向」は芝居を動かす原動力/ 新しい「世界」の誕生/「書替狂言」は変化球/ 世界をかき回す「ないまぜ」/「世界」と「趣向」の可能性
五 時代と世話
彼らには彼らの論理と生活がある/せりふにおける時代と世話/ 七五調にもリアリティがある
六 女方について
「絶対になれないもの」になる/半四郎と南北による新しい女性像/ 「平生をおなごにて暮らさねば」/「おっかさん」と「加役」、倒錯の魅力
七 踊りについて
踊りを楽しむために/「体の美しさ」と「幻の世界」/ 立廻りと「写実」
実践編 いざ、歌舞伎を観るときに
一 『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」の人々
源蔵夫婦の立場/松王丸の立場/松王女房千代の立場
二 『勧進帳』のもっともらしさについて
松羽目物のインチキ臭さ/荒事の弁慶、実事の弁慶/ 『虎の尾を踏む男達』
三 『京鹿子娘道成寺』はお団子である
道成寺説話という額縁/道行/乱拍子〜中啓の舞/手踊り/鞠唄/くどき/鐘入り/満開の桜の下で
四 『梅雨小袖昔八丈』(髪結新三)は写実的か
様式が「世話」を引き立てる/江戸の長屋のリアリティ
おわりに

感想を送る

新刊お知らせメール

矢内賢二
登録する
日本の伝統文化
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ちゃぶ台返しの歌舞伎入門

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto