ホーム > 書籍詳細:原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史―

指令:讀賣新聞社主ノ正力ト協力シ、親米世論ヲ形成セヨ。CIA文書が語る「対日情報戦」の全貌!

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史―

有馬哲夫/著

778円(税込)

本の仕様

発売日:2008/02/18

読み仮名 ゲンパツショウリキシーアイエーキミツブンショデヨムショウワリメンシ
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 255ページ
ISBN 978-4-10-610249-3
C-CODE 0221
整理番号 249
ジャンル 日本史
定価 778円
電子書籍 価格 648円
電子書籍 配信開始日 2011/08/19

一九五四年の第五福竜丸事件以降、日本では「反米」「反原子力」気運が高まっていく。そんな中、衆院議員に当選した正力松太郎・讀賣新聞社主とCIAは、原子力に好意的な親米世論を形成するための「工作」を開始する。原潜、讀賣新聞、日本テレビ、保守大合同、そしてディズニー。正力とCIAの協力関係から始まった、巨大メディア、政界、産業界を巡る連鎖とは――。機密文書が明らかにした衝撃の事実。

著者プロフィール

有馬哲夫 アリマ・テツオ

1953年生まれ。早稲田大学社会科学部・社会科学総合学術院教授。専門はメディア研究、アメリカ研究、日米放送史、広告研究、文化産業研究。早稲田大学第一文学部卒業。東北大学大学院文学研究科博士課程の単位を取得。1993年、ミズーリ大学客員教授。主な著書に『原発・正力・CIA 機密文書で読む昭和裏面史』『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』『1949年の大東亜共栄圏 自主防衛への終わらざる戦い』(すべて新潮新書)、『CIAと戦後日本 保守合同・北方領土・再軍備』(平凡社新書)、『原発と原爆「日・米・英」核武装の暗闘』『児玉誉士夫 巨魁の昭和史』(すべて文春新書)など多数。

目次

プロローグ 連鎖反応
第一章 なぜ正力が原子力だったのか
メディア王と原子力発電/正力マイクロ構想/政界進出を決心させたもの/テレビ人脈と原子力
第二章 政治カードとしての原子力
アトムズ・フォー・ピース/アメリカの狙い、日本の思惑/軍産複合体/流れを変えた第五福竜丸事件/正力は原子力カードを握った
第三章 正力とCIAの同床異夢
寿司屋での会談/親米世論の形成/却下された正力の計画/讀賣の大キャンペーン/柴田の狙いは/保守大合同工作
第四章 博覧会で世論を変えよ
再び正力マイクロ構想/幻に終った訪米/CIAの協力体制/博覧会で世論を転換
第五章 動力炉で総理の椅子を引き寄せろ
アメリカから見た保守合同/死に物狂いの正力、突き放すCIA/科学プロパガンダ映画『わが友原子力』
第六章 ついに対決した正力とCIA
総理の椅子に肉薄/東海村の選定/原子力朝貢外交/ついにCIAと決別/訪英視察団で衝動買いを止めろ/ソ連から動力炉を入手していいのか/大野派買収計画/閣外に去る
第七章 政界の孤児、テレビに帰る
石橋政権は短命に/政界の孤児となる/ジェット戦闘機とディズニー/とどめを刺したイギリスの免責条項/東京ディズニーランドへの道
第八章 ニュー・メディアとCIA
足長おじさんを誰にするのか/衛星放送の父になり損なう
エピローグ 連鎖の果てに
あとがき

本書のソース 年表

担当編集者のひとこと

アメリカの怖さと大らかさ

『原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史―』で著者は、CIAの機密文書を読み解き、様々な新事実を明らかにしています。
 1950年代、第五福竜丸事件をきっかけに日本では反核、反米の世論が盛り上がっていました。このままでは日本が共産化してしまうのではないか。そんな危惧を持ったアメリカは、CIAを中心に、日本で「情報戦」を展開します。その協力者の一人が正力松太郎・読売新聞社主でした。 CIAは「原子力の平和利用」に日本人が好感を持つようになることを望みました。そのために大メディアを支配していた正力に協力を求めたのです。正力の側も、様々な思惑からこの提案に乗りました。
 時には、読売新聞社の「数千人の記者」をも情報源として使おうとして、正力に持ちかけていました(ちなみに個々の記者はそんな事情は知らされていませんでした)。他にも、米国に批判的な記事を書いた記者の身元を割り出すといったこともしています。やはりCIAは怖い、という印象を受けます。
 しかし一方で、何十年かするとこういう文書を公開することになっているのが、アメリカの大らかさというか、良いところなのだろう、とも思います。
 当時、アメリカが脅威としていた敵国は、いまだにそんな文書を公開していません。おそらくはそういう国も日本で様々な情報戦、メディア戦略を展開していたはずですが、それについては闇の中のままなのです。

2008/02/25

蘊蓄倉庫

ディズニーランドと原子力潜水艦

 1959年、アメリカのディズニーランドに「潜水艦の旅」というアトラクションがオープンしました。そこに登場する潜水艦の名前はノーチラス、トライトン、シーウルフ等々、すべて実在の原子力潜水艦のものばかりでした。その理由はスポンサーが原潜を作ったメーカーとアメリカ海軍だったからです。夢の国にも色んな事情があるのです。
掲載:2008年02月25日

感想を送る

新刊お知らせメール

有馬哲夫
登録する
日本史
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • ブックサービス
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!