ホーム > 書籍詳細:ハダカの北朝鮮

特殊部隊はなぜ強い? オタクや引きこもりはいる? 合コンは? 光熱費は? 死生観は? あの『涙』は本物? 元朝鮮労働党幹部がすべてを明かす。

ハダカの北朝鮮

呉小元/著

756円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2013/02/15

読み仮名 ハダカノキタチョウセン
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 207ページ
ISBN 978-4-10-610507-4
C-CODE 0225
整理番号 507
ジャンル 社会学、地理・地域研究
定価 756円
電子書籍 価格 648円
電子書籍 配信開始日 2013/08/23

北朝鮮は謎に満ちている。特殊部隊はなぜ強い? お馴染みの「涙」は本物か? 暴力団はいる? 頭痛必至のドングリ酒って? 外貨はどう稼ぐ? オタクや引きこもりはいる? ブラックマーケットの実態は? 「キスシーン」の反響は? 光熱費は? 死生観は? 政治、軍事からビジネス、庶民の生活まで、元労働党幹部がユーモアやウィットを交えながら、新聞・テレビからは伝わってこない不条理国家の姿を明かす。

著者プロフィール

呉小元 オ・ソウォン

50歳代の男性で、元朝鮮労働党幹部。日本で生まれ、10代で北朝鮮に帰国した。平壌の大学卒業後、労働党傘下の貿易会社で働いた後、韓国に対する工作活動をしていた1990年代、韓国に亡命。現在は会社役員。仮名。

目次

はじめに
I 政府と軍
北朝鮮軍の実力/危うい業績づくり/培われる敵対心/監視態勢/信長と金正日/集中検閲/アリも通さぬ警護体制/北朝鮮サッカー盛衰/泣き叫ぶ民衆/忠臣のつくり方/統治スタイル/すべてに表裏/金氏一族の「偉大性」宣伝/党員養成する「朝鮮少年団」/特殊部隊が恐ろしい理由/正恩氏流住民ストレス対策/韓国警備は隙だらけ/花形職業 今は昔/恐怖政治の相続
 ◆北朝鮮Q&A その1
II 人民の暮らし
身分制度/国のための強制移住/帰国者の悲劇/寒さ/脱北者の待遇/東西対決/配給用の手を抜く農民/深刻な住宅難/破綻する医療/農村部住民の戦争観/不自由な結婚式/死をめぐる実情/反政府組織広がらぬ訳/キムジャン戦闘中/利用され続ける帰国者/有線放送/名ばかりの男女平等/会議より配給/「キスシーン」の衝撃/勝てば官軍、負ければ賊軍/南北酒豪の実力は?
 ◆北朝鮮Q&A その2
III 経済のしくみ
コメこそ政治/新聞社説のウソ/「主体繊維」も不足/ロシアへの累積債務/深刻な電力事情/大学入試/ミサイル失敗/悪性債務国/金日成総合大学/国の金庫はからっぽ/懸念される失業者急増/変わり始めた合弁会社/北朝鮮ブラックマーケット
 ◆北朝鮮Q&A その3
「三つの目」を持つ男 あとがきに代えて
  東京新聞/中日新聞ソウル支局長・篠ケ瀬祐司

北朝鮮の権力機構図/「金王朝」の家系図、国のデータ

感想を送る

新刊お知らせメール

呉小元
登録する
社会学
登録する
地理・地域研究
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ハダカの北朝鮮

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!