ホーム > 書籍詳細:キレイゴトぬきの農業論

全部、カン違いです。→【有機=美味で安全】【農家=清貧な弱者】【農業=体力が必要】有機農家が畑でロジカルに考え抜いてわかった真実!

キレイゴトぬきの農業論

久松達央/著

756円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2013/09/14

読み仮名 キレイゴトヌキノノウギョウロン
シリーズ名 新潮新書
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 206ページ
ISBN 978-4-10-610538-8
C-CODE 0261
整理番号 538
ジャンル 産業研究、ガーデニング
定価 756円
電子書籍 価格 648円
電子書籍 配信開始日 2014/03/21

誤解(1)「有機農法なら安全で美味しい」誤解(2)「農家は清貧な弱者である」誤解(3)「農業にはガッツが必要だ」――日本の農業に関する議論は、誤解に基づいた神話に満ちている。脱サラで就農した著者は、年間五十品目の有機野菜を栽培。セオリーを超えた独自のゲリラ戦略で全国にファンを獲得している。キレイゴトもタブーも一切無し。新参者が畑で徹底的に考え抜いたからこそ書けた、目からウロコの知的農業論。

著者プロフィール

久松達央 ヒサマツ・タツオウ

1970(昭和45)年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、帝人(株)で輸出営業に従事。1999年、農業へ転身し、久松農園を設立。年間五十品目以上の旬の有機野菜を栽培し、会員消費者と都内の飲食店に直接販売をしている。

久松農園オフィシャルサイト (外部リンク)

目次

はじめに──「キレイゴト」から離れて
第1章 有機農業三つの神話
三つの神話/「有機だから安全」のウソ/安全と安心は違う/有機と味は別の話/環境はとても複雑なもの/そもそも有機農業とは何か/無農薬は手段に過ぎない/有機野菜は「健康」な野菜/有機でなくても「健康な野菜」はできる/有機農業の「選別機能」
第2章 野菜がまずくなっている?
旬はなぜ消えたのか/コンビニおでんの大根が煮崩れしない秘密/野菜は生き物/有機農業者の考え/採り時で味は激変する/キヌサヤの出荷規格
第3章 虫や雑草とどう向き合うか
野菜の自己防衛/野菜は植物としては奇形/「伝統野菜」のウソ/防虫の実際/コンパニオンプランツ/天敵を利用する/雑草対策には段取りが必要/太陽熱マルチ殺草処理/多様性が重要/ネットワークの頑健性をもたらすもの/労働生産性の低い有機農業
第4章 小規模農家のゲリラ戦
嘘は続かない/安全で売るのは2周遅れ/畑から玄関までが有機農業/誰に褒められたいのか?/中田選手の正論/答えはお客さんが教えてくれる/土づくりから販売まで/大規模化だけでいいのか?/市場は「変態」を求めている/高いスキルはなくてもいい/小規模有機農業者の生き残り戦略/安売りの土俵に乗らない/引っかかりは多い方がいい/手持ちの武器で戦う/ITは小規模農家の味方/公開するということ/情報発信は情報収集でもある/人材募集、人材教育にも効果的/飲食店の発信力/商品と商圏/本当の価値をつくるのはモノ以外の部分/人間は脳で食べている/野菜セットの実例/会話がはずむ野菜/キーワードは「エロうま野菜」/新しい食べ方の提案
第5章 センスもガッツもなくていい
農業者の資質/ガッツのない自分/センスのない自分/センスがないから考える/考える余地がたくさんある/農家は“持てる者”
第6章 ホーシャノーがやってきた
2011年3月11日/キャンセルの山/当時の状況/農薬と放射能/補償金では満たされない気持ち/自分は何を売っているのか/風評被害とは何か?/一農業経営者としては、「負け」/農家支援活動をどう考えるか
第7章 「新参者」の農業論
農業を始めた経緯/農業は一人ではできない?/「有機の人は要らない」/有機は儲からない?/趣味の菜園は農業ではない/補助金は就農を助けるか/清貧で弱い農家像がもたらすもの/閉鎖性は非合理的か?/ムラ社会は農村独特のもの?/農村の特殊性は言い訳にならない/変わらないのは困っていないから/人的ネットワークの狭さも一因/新規就農者は職人志向?/「生産」者? 「消費」者?/戦法は自分で考える/こんなに面白い仕事はない
主要参考文献

インタビュー/対談/エッセイ

波 2013年10月号より 農家は「可哀想な人」ではない

久松達央

「農家の人が苦労してつくったお米なんだから、残さず食べなさい」。親や教師からこう言われた経験のある方は多いと思います。僕も子供の頃に母親から、「昔は、お米を残すと目が潰れる、と言われたのよ」と、脅された記憶があります。そう言われると、ご飯を残すことがなんだか後ろめたいような、暗い気持ちになったものです。
僕は脱サラして好きで農業を始めた口なので、農業が精神的に苦痛だと感じることはありません。しかし、「農業されてるんですか? 大変でしょう」と声をかけられることが結構あります。すっかり慣れてしまいましたが、よく考えると、フツーのサラリーマンが見ず知らずの人から「大変でしょう」と言われることはあまりないと思います。
先のお米の話といい、「大変でしょう」といい、農家がやや特殊な扱いを受けるのは、「農業はきつい仕事」「儲からないのに、食べる人のために歯を食いしばって頑張っている」というイメージが浸透しているからでしょう。さらに言えば、農家は世の中でババを引いてしまった人たち、という哀れみの感情すら混じっているようにも思えます。
実際には農業生産をしている農家の多くは、可哀想な人たちではありません。農業全般が他産業に比べて収益性が高いとは言えませんが、突出して低いわけでもありません。
ところが、少なからぬ人が、農家は不条理な目に遭っている、と考えているせいで、農家や農業を客観的に語ることがタブー化してしまい、オープンに議論することがはばかられるような空気があるように思えます。
同じ食べ物でも、コンビニ弁当を語る際には、企業間の競争で消費者に利益がもたらされることがよしとされ、価格や品質の競争に敗れたプレイヤーは脱落して当然と誰もが考えています。ひるがえって農業はどうでしょうか。
「消費者の利益になるなら、貿易の自由化や企業の参入も進めるべきだし、農家が高齢化して生産性が落ちたら潰れて当然」。こんな意見を言うと、ひどい奴だと叩かれてしまいます。この空気の中では、農業に関する素朴な疑問を口にすること自体が、ご飯を残すような後ろめたさを人々に感じさせるのではないでしょうか。
農業だけは「命の産業」だから、「子どもたちの未来」のために守らなきゃいけない! という美しいキレイゴトで議論すらままならない状況が健全だとは到底思えません。何より問題なのは、そんな農業は、チャレンジ精神と野心を持った優秀な若者からは魅力的に見えないことです。
守らなきゃ、と言っている人たちが、結果的に農業を魅力のないものにしてしまっているのではないか? 好きで農業をやり始めて、それでメシを食っている僕はそう思っています。
『キレイゴトぬきの農業論』では、こうした多くの誤解をロジカルに論じ、農業が知的魅力に満ちた面白い仕事であることを具体的に紹介しています。ぜひご一読下さい。

(ひさまつ・たつおう 久松農園代表)

関連コンテンツ

担当編集者のひとこと

「日本一話のうまい農家」の話

『キレイゴトぬきの農業論』の著者、久松達央さんは、仲間内で「日本一話のうまい農家」と称賛(もしくは揶揄?)されているそうです。確かに、久松さんのお話はとても面白い。ギャグ満載とかそういうことではなく、とてもロジカルでかつ話のテンポがいいので、ついつい引き込まれてしまいます。久松さんが悪い道に進まずに、有機農家になってくれて良かった。そんな気さえします。
 もっとも、単に話がうまいというだけでは、多分、引き込まれることはないでしょう。すべてに実体験に基づいた裏付けがあるからこそ、彼の話は面白く、また説得力があるのです。
 たとえば、久松さんは有機栽培で野菜をつくっている立場でありながら、「有機野菜だから安全で美味しいとは限らない。安全という点でいえば農薬を使っても変わらない」と言い切ります。少なくとも、現在使用が許可されている農薬を適切に使う分には、人体に影響はない、という立場です。
 本当は、有機野菜を売っているのならば、「農薬は危ない。あなたの健康、子供の未来を考えたら有機のほうが安全だし、しかも美味しい」と言ったほうがセールストークとしては成立しやすいはずです。実際に、そういうことを売りにする人も多くいます。
 しかし、真面目に有機に取り組んで考え抜いたからこそ、そんなことは言えないのだと彼は言います。
 久松さんのような意見は、農業についてオモテにあふれているキレイな物言いを否定するようなものかもしれません。しかし、そうしたキレイゴトを取り除いていった先に、本当の農業の面白さやビジネスとしての可能性がある、というのが彼の考えです。
 この本ではさまざまな農業にまつわる「常識」とは異なることが書かれています。「農家は清貧な弱者ではない」「農業にセンスやガッツは要らない」等々。それって本当?とお疑いの方はぜひ開いてみてください。きっと「日本一話のうまい農家」の話に引き込まれて、納得させられるはずです。

2013/09/25

蘊蓄倉庫

コンビニおでんの大根が煮崩れない理由

 コンビニの定番商品「おでん」。その中でも定番のタネの大根は、なぜあんなに長時間煮続けているのに煮崩れないのでしょうか。普通の家庭ならばもっとグズグズになっているはずです。実は、あのコンビニおでんの大根は、専用に開発された品種で、煮崩れしづらい、大きさ・断面が一定等の特徴がある「客待ち品種」と呼ばれるものなのです。『キレイゴトぬきの農業論』には、消費者が知らない野菜、農業の話が詰まっています。
掲載:2013年9月25日

感想を送る

新刊お知らせメール

久松達央
登録する
産業研究
登録する
ガーデニング
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

キレイゴトぬきの農業論

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

キレイゴトぬきの農業論

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!