ホーム > 書籍詳細:悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト―パガニーニ伝―

守銭奴、女好き、涜神者。なれど、その音色は超絶無比――伝説に包まれた史上最強の演奏家、本邦初の伝記。

悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト―パガニーニ伝―

浦久俊彦/著

821円(税込)

本の仕様

発売日:2018/07/14

読み仮名 アクマトヨバレタヴァイオリニストパガニーニデン
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書
判型 新潮新書
頁数 222ページ
ISBN 978-4-10-610775-7
C-CODE 0273
整理番号 775
ジャンル 歴史・地理
定価 821円

ニコロ・パガニーニ。全身黒ずくめの姿で繰り出す超絶技巧で人々を熱狂させた、空前絶後のヴァイオリニストである。「悪魔ブーム」をブランディングに用い、巨万の富を築いた守銭奴にして女好き。「無神論者」の烙印を押され、遺体となっても欧州をさまよった彼には、「幽霊となっても音楽を奏でている」との伝説も生まれた。十九世紀に鮮やかな刻印を残した「西洋音楽史のメフィストフェレス」、本邦初の伝記。

著者プロフィール

浦久俊彦 ウラヒサ・トシヒコ

1961(昭和36)年生まれ。文筆家・文化芸術プロデューサー。一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事。代官山未来音楽塾塾頭。サラマンカホール音楽監督。著書に『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』『138億年の音楽史』など。

目次

はじめに
第一章 悪魔誕生
黒い森/影のある時代/黒猫小路/長靴半島の統合/天才誕生/ヴァイオリンとの出会い/パルマでの修業時代/「悪魔」の烙印/超絶技巧はどこで身につけたのか/広い肩と柔軟な身体/博打でスッて楽器を失う/ヴァイオリンを捨てて農園経営者に?/息づく「ベルカント」の精神/嵐の予兆
第二章 ナポレオン一族との奇縁
コルシカの没落貴族/ナポレオンの兄弟姉妹たち/パガニーニを取り合った姉妹/二本の弦によるデュエット/ナポレオン・ソナタ/肉食系王女ポーリーヌ/イタリア半島の英雄/「比類なきキャラ」を確立
第三章 喝采と栄華の日々
伝説はアルプスを越えた/イタリアに留まっていた理由/「子連れ狼」のコンサート・ツアー/音楽家が「稼げる時代」の幕開け/ウィーンでの大旋風/パガニーナー紙幣/「パガニーニ・グッズ」大流行/ベルリンの乱闘公演/パリで栄光は頂点に/興行師としての戦略/ロンドン上陸/英国の一年で八十億円稼いだ!/満身創痍
第四章 悪魔に魂を奪われた音楽家たち
同時代の音楽家たちに残した刻印/ツェルニーともうひとつの『ラ・カンパネラ』/シューベルトが聴いた天使の声/ショパンと『パガニーニの思い出』/ゲーテとハイネはこう記した/シューマンの運命を変えた演奏/リスト、「ピアノのパガニーニになる!」と決意/ベオルリーズとの友情/オペラの帝王ロッシーニも/弟子からみたパガニーニ/同時代のヴァイオリニストはこう聴いた
第五章 晩年と死
六年ぶりの帰郷/幻のオーケストラ計画/晩節を汚したカジノ建設騒動/生涯最後の演奏/病という名の悪魔/悪魔、死す/莫大な遺産と拒否された終油の秘跡
第六章 パガニーニ幽霊騒動
地中海の港町で起こった幽霊騒動/カトリック教会との対立/外の悪魔、内の悪魔/十九世紀の悪魔ブーム/生ける悪魔を演じ続けて/さまよえる遺体
第七章 神秘の楽器ヴァイオリン
マン・レイ「アングルのヴァイオリン」/ふたりの天才/神の視点から人間の視点へ/感情の楽器/ルネサンス・テクノロジーの結晶/気まぐれな天才が作った名器/愛器が「大砲」と呼ばれた理由/パガニーニの死後も現役/カノーネ訪問記/精巧なレプリカ/夢のクヮルテット
おわりに
略年譜 パガニーニの生涯
主要参考文献

感想を送る

新刊お知らせメール

浦久俊彦
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト―パガニーニ伝―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto