ホーム > News Headlines > 天久聖一×立川吉笑(落語家)×林雄司(ウェブマスター)「書き出し小説」vs落語『挫折を経て、猫は丸くなった。―書き出し小説名作集―』刊行&書き出し小説大賞100回記念トークイベント

イベント/書店情報終了しました

天久聖一×立川吉笑(落語家)×林雄司(ウェブマスター)「書き出し小説」vs落語 『挫折を経て、猫は丸くなった。―書き出し小説名作集―』刊行&書き出し小説大賞100回記念トークイベント

『挫折を経て、猫は丸くなった。―書き出し小説名作集―』の刊行を記念して天久聖一さん×立川吉笑さん×林雄司さんのトークイベントを開催します。 18:30〜18:50 天久聖一さんサイン会 19:00〜  トークイベント開始

天久聖一×立川吉笑(落語家)×林雄司(ウェブマスター)「書き出し小説」vs落語『挫折を経て、猫は丸くなった。―書き出し小説名作集―』刊行&書き出し小説大賞100回記念トークイベント

開催日時 2016年07月14日(木) 19:00〜(開場18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko 東京都新宿区矢来町67
URL 詳細はホームページをご覧ください。
備考 ■2,000円(自由席)
※天久聖一氏のサイン会を、イベント開始前の18:30~18:50に行います。サイン会にご参加の方は18:45までに会場にお越しください。
※当日の模様は一部ニコ生でも配信予定です。
※ツイッターで募集するお題は、6月26日(日)に天久聖一氏のツイッター@amahisaにて発表予定です。指定のハッシュタグをつけて応募してください。

著者紹介

天久聖一アマヒサ・マサカズ

1968年、香川県生まれ。1989年、漫画家としてデビュー。以来、主にマンガ以外の分野で活躍中。主な著書に『味写入門』(アスペクト)、『バカドリル』シリーズ(ポプラ社)、『こどもの発想。』(アスペクト)、『味写道』(アスペクト)、『書き出し小説』(新潮社)などがある。

書籍紹介