ホーム > News Headlines > 渾身討論「水俣病闘争 石牟礼道子と渡辺京二」福元満治VS米本浩二

イベント/書店情報終了しました

渾身討論「水俣病闘争 石牟礼道子と渡辺京二」福元満治VS米本浩二

渡辺京二さんの水俣病闘争論集『死民と日常《私の水俣病闘争》』(弦書房)の発売と、石牟礼道子生誕90年を記念して、福元満治さんと米本浩二さんの対談が開催されます。(主催・ブックスキューブリック)

渾身討論「水俣病闘争 石牟礼道子と渡辺京二」福元満治VS米本浩二

 水俣病闘争とは何だったのか――水俣病闘争の原動力となった石牟礼道子氏と渡辺京二氏を軸に、「効率・利益重視の行き過ぎた近代化に歯止めをかけた」と評価される水俣病闘争の軌跡をたどります。

 経済の高度成長、学生運動などに象徴される反骨の機運、石牟礼氏と水俣病とのかかわり、渡辺氏が闘争に参入した経緯などに言及。原発事故や権力の一極集中で日本全国に閉塞感が漂う今、生き直すカギとして改めて注目されている水俣病闘争をリアルに検証します。

 討論者の福元満治氏は1948年、鹿児島市生まれ。告発する会のメンバーとして厚生省占拠に参加するなど闘争を先鋭的に支えました。現在、図書出版石風社代表、ペシャワール会事務局長を務めています。

 もう一人の討論者、米本浩二氏は1961年、徳島県生まれ。今年、『評伝 石牟礼道子~渚に立つひと』を刊行。石牟礼道子資料保存会研究員として石牟礼文学の調査・研究を続けています。

 水俣病闘争で自分の人生を決めたかのように革新的な仕事を続ける福元氏と、石牟礼、渡辺両氏の著作物の読み解きから闘争に肉薄する米本氏。世代も異なるふたりのバトルにご期待ください。10月に刊行される渡辺京二氏の水俣病闘争論集『死民と日常《私の水俣病闘争》』(弦書房)に言及しつつ、対談をすすめます。石牟礼道子生誕90年記念として開催します。

開催日時 2017年11月9日(木) 19:00〜(18:30開場)
会場 カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 出演:福元満治(石風社代表・元・水俣病を告発する会会員)
   米本浩二(『評伝 石牟礼道子』著者)
参加費:1500円(1ドリンク付・要予約)
*終演後に懇親会有(1ドリンクとカフェキューブリックのキーマカレー付・参加費1000円・要予約)

著者紹介

米本浩二ヨネモト・コウジ

1961年、徳島県生まれ。徳島県庁正職員を経て早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。在学中に『早稲田文学』を編集。2017年3月現在、毎日新聞記者。石牟礼道子資料保存会研究員。著書に『みぞれふる空――脊髄小脳変性症と家族の2000日』(文藝春秋)。

書籍紹介