ホーム > News Headlines > 「ナボコフ・コレクション」刊行開始記念対談《ナボコフ、ベルリン、バイリンガル》沼野充義×多和田葉子

イベント/書店情報終了しました

「ナボコフ・コレクション」刊行開始記念対談《ナボコフ、ベルリン、バイリンガル》沼野充義×多和田葉子

「ナボコフ・コレクション」の刊行を記念して、紀伊國屋書店新宿本店にて沼野充義さん×多和田葉子さんの対談を開催します。

「ナボコフ・コレクション」刊行開始記念対談《ナボコフ、ベルリン、バイリンガル》沼野充義×多和田葉子

ロシア語と英語を自由に使いこなした「言葉の魔術師」ナボコフ。没後40周年を記念した全5巻のコレクションが刊行されるのを機に、監修者のひとりである沼野充義さんと、ベルリン在住で日本語とドイツ語で作品を発表されている多和田葉子さんに、バイリンガル作家としてのナボコフについて語っていただきます。

開催日時 2017年11月7日(火) 19:00〜(18:45開場)
会場 紀伊國屋書店新宿本店8階 イベントスペース
問い合わせ先 2階売場直通
Tel.03-3354-5702(10:00〜21:00)
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 【参加方法】
参加には整理券(先着50名)が必要です。整理券はお1人様1枚までとさせていただきます。整理券の数には限りがございます。なくなり次第、配布を終了させていただきます。

【整理券受付】
店頭配布:10月31日(火)10:00より2階中央レジカウンターにて、『ナボコフ・コレクション マーシェンカ/キング、クイーン、ジャック』(新潮社 4,968円)をお買い上げの方に整理券をお渡しします。
電話予約:お電話でのご予約は整理券に残部がある場合に限り11月1日(水)10:00より承ります。
2階売場直通TEL:03-3354-5702(10:00〜21:00)
お電話で予約されたお客様はイベント当日までに2階レジカウンターで整理券をお求めください。

著者紹介

沼野充義ヌマノ・ミツヨシ

1954年東京生まれ。東京大学卒、ハーバード大学スラヴ語学文学科に学ぶ。2017年10月現在、東京大学教授。2002年、『徹夜の塊 亡命文学論』(作品社)でサントリー学芸賞、2004年、『ユートピア文学論』(作品社)で読売文学賞評論・伝記賞を受賞。著書に『屋根の上のバイリンガル』(白水社)、『ユートピアへの手紙』(河出書房新社)、訳書に『賜物』(河出書房新社)、『ナボコフ全短篇』(共訳、作品社)、スタニスワフ・レム『ソラリス』(国書刊行会)、シンボルスカ『終わりと始まり』(未知谷)など。

多和田葉子タワダ・ヨウコ

1960年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1982年、ドイツ・ハンブルクへ。ハンブルク大学大学院修士課程修了。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。1991年「かかとを失くして」で群像新人賞、1993年「犬婿入り」で芥川賞、2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花賞、2002年『球形時間』でドゥマゴ文学賞、2003年『容疑者の夜行列車』で谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞、2011年『尼僧とキューピッドの弓』で紫式部文学賞、『雪の練習生』で野間文芸賞、2013年『雲をつかむ話』で読売文学賞と芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。近著に『献灯使』などがある。日独二ヶ国語で作品を発表しており、1996年にドイツ語での作家活動によりシャミッソー文学賞、2016年にはドイツで最も権威のある文学賞のひとつクライスト賞を受賞。2006年よりベルリン在住。