ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:小林信彦

小林信彦

コバヤシ・ノブヒコ

著者プロフィール

1932(昭和7)年、東京・日本橋生れ。「ヒッチコック・マガジン」創刊から編集長を務めた後、作家として独立。主な作品に、『唐獅子株式会社』『ちはやふる奥の細道』『夢の砦』『東京少年』『うらなり』(菊池寛賞)『日本橋バビロン』など。『日本の喜劇人』(芸術選奨新人賞)『天才伝説 横山やすし』『テレビの黄金時代』『おかしな男 渥美清』ほか、大衆文化に関するエッセイ、コラムも多数。『定本 日本の喜劇人』が、2008(平成20)年に刊行された。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

小林信彦
登録する

書籍一覧