ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:飛幡祐規

飛幡祐規

タカハタ・ユウキ

著者プロフィール

1956年東京生まれ。1974年渡仏。パリ第5大学にて文化人類学を、パリ第3大学にてタイ語・東南アジア文明を専攻。著書に『それでも住みたいフランス』(新潮社)、『ふだん着のパリ案内』(晶文社)ほか。訳書にシャンタル・トマ『王妃に別れをつげて』(白水社)、ヤニック・エネル『ユダヤ人大虐殺の証人ヤン・カルスキ』(河出書房新社)ほか。フランス人の夫、息子とともにパリ在住。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

飛幡祐規
登録する

書籍一覧

飛幡祐規が紹介した本