ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:久間十義

久間十義

ヒサマ・ジュウギ

著者プロフィール

1953(昭和28)年、北海道生れ。早大卒。1987年、「マネーゲーム」で文藝賞佳作入選しデビュー。事件に想を得た問題作を次々と発表し、ポストモダン文学の旗手として注目を集める。1990(平成2)年、『世紀末鯨鯢記』で三島由紀夫賞受賞。『魔の国アンヌピウカ』『オニビシ』等の文芸作品の他、『刑事たちの夏』『ダブルフェイス』『ロンリー・ハート』等の警察小説、『聖(セント)ジェームス病院』等の医療小説、『狂騒曲』『黄金特急』等の経済小説、『僕と悪魔とギブソン』等のサスペンス・ホラーと幅広く活躍している。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

久間十義
登録する

書籍一覧