ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:アン・アリスン

アン・アリスン

Allison,Anne

著者プロフィール

文化人類学者。デューク大学ロバート・O・コヘイン研究室教授。現代日本の日常生活における政治経済と想像的な夢想世界との相互関係を研究。著書に、東京でホステスとして働いた経験をもとに、サラリーマンの夜の社交生活を考察した“Night-work:Sexuality,Pleasure and Corporate Masculinity in a Tokyo Hostess Club”(University of Chicago Press,1994)、マンガを通して日本の母子関係を分析した“Permitted and Prohibited Desires:Mothers,Comics,and Censorship in Japan”(University of California Press,2000)がある。上智大学で教鞭をとっていたことがあり、調査のために現在も頻繁に来日。現在は21世紀の日本と日本人の調査をもとに、不安定な状況に置かれている労働者の実態と社会不安が、未来にどのような希望(もしくは絶望)をもたらしているか、という問題に関する著書を執筆中。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

アン・アリスン
登録する

書籍一覧

アン・アリスンが紹介した本