ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:田中長徳

田中長徳

タナカ・チョウトク

著者プロフィール

1947年東京生まれ。写真家。大学在学中の1969年、銀座ニコンサロンにて史上最年少で個展を開催。1973年から1980年までウィーン在住、1982年から翌年にかけて文化庁派遣芸術家としてニューヨーク近代美術館で写真研究に携わる。1989年よりプラハにアトリエを構え、世界各地で個展を開催する一方、カメラ評論家としても活躍している。著書に『晴れたらライカ、雨ならデジカメ』(岩波書店)、『カメラに訊け!』(ちくま新書)、『銘機礼讃』(日本カメラ社)ほか多数。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

田中長徳
登録する

書籍一覧