ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:生島マリカ

生島マリカ

イクシマ・マリカ

著者プロフィール

1971年、神戸市生まれ。最終学歴小学校卒。在日2世。複雑な血筋の両親のもと、幼少期はお手伝いさんに育てられる。異母異父姉兄9人。生母の没後、父親の再婚を機に13歳で家を追い出され、単独ストリート・チルドレンとなる。その後、モデルに。秘書、北新地と銀座のホステス、クラブ経営などを経て3度の結婚と離婚を繰り返す。2度の癌を経験し、自分が死ねば同じく天涯孤独になる一人息子への遺言を兼ね、文章を書き始める。2012年夏、真言宗某寺にて得度。『不死身の花―夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私―』は、朝日出版社ブログや、アメブロなどで発表したコラムをもとに加筆した、著者初の自伝である。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

生島マリカ
登録する

書籍一覧