ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:泡坂妻夫

泡坂妻夫

アワサカ・ツマオ

著者プロフィール

東京・神田生れ。家業の紋章上絵師の仕事をするかたわら推理小説を書き、1976年『DL2号機事件』で第一回幻影城新人賞に入賞しデビューした。1978年『乱れからくり』で日本推理作家協会賞を、1988年『折鶴』で泉鏡花文学賞を、1990(平成2)年『蔭桔梗』で直木賞を受賞。マジシャンとしても著名で、創作奇術で石田天海賞を受賞している。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

泡坂妻夫
登録する

書籍一覧