ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:伊藤桂一

伊藤桂一

イトウ・ケイイチ

著者プロフィール

1917(大正6)年、三重県生れ。中学生時代から文学を志すも、1938(昭和13)年、徴兵により騎兵第15連隊に入営。1939年、騎兵第41連隊に転属、中国山西省へ。1941年に内地へ帰還するも、1943年に再召集され、上海近郊で終戦を迎えた。復員後は、各種の職業につきながら懸賞小説などの投稿を続け、1952年に「雲と植物の世界」が芥川賞候補となり、1961年に戦場を舞台に描いた『蛍の河』で直木賞を受賞した。戦記文学の他、『風車の浜吉』シリーズなど時代小説にも健筆を揮い、詩人としても活躍。1984年には『静かなノモンハン』で芸術選奨文部大臣賞、吉川英治文学賞を受賞した。現在も、執筆、講演などを精力的にこなす。近刊に『若き世代に語る日中戦争』などがある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

伊藤桂一
登録する

書籍一覧