ホーム > 書籍詳細:白洲正子自伝

白洲正子自伝

白洲正子/著

2,052円(税込)

本の仕様

発売日:1994/12/22

読み仮名 シラスマサコジデン
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 書籍
ISBN 978-4-10-310709-5
C-CODE 0095
ジャンル 文学・評論、倫理学・道徳、アート・エンターテインメント、歴史・地理
定価 2,052円

祖父・樺山資紀や昭和天皇の思い出、十四歳でのアメリカ留学、白洲次郎との結婚、小林秀雄や河上徹太郎らとの交流……興味深いエピソードがあふれる待望の自伝。

著者プロフィール

白洲正子 シラス・マサコ

(1910-1998)1910年東京生まれ。幼い頃より能を学び、14歳で女性として初めて能輝台に立ち、米国留学へ。1928年帰国、翌年白洲次郎(1902〜1985)と結婚。古典文学、工芸、骨董、自然などについて随筆を執筆。『能面』『かくれ里』『日本のたくみ』『西行』など著書多数。1998年没。

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

白洲正子
登録する
倫理学・道徳
登録する
アート・エンターテインメント
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類