ホーム > 書籍詳細:玄鳥さりて

武士の刀は殿のためにあるのではない。
命にかえても守りたい者のためにあるのです。

玄鳥さりて

葉室麟/著

1,620円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2018/01/22

読み仮名 ゲンチョウサリテ
装幀 手塚雄二/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 250ページ
ISBN 978-4-10-328015-6
C-CODE 0093
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 1,620円

富商の娘を娶り、藩の有力派閥の後継者として出世を遂げる三浦圭吾。しかしその陰には遠島を引き受けてまで彼を守ろうとした剣客・樋口六郎兵衛の献身と犠牲があった。時が過ぎ、藩に戻った六郎兵衛は静かな余生を望むが、愚昧な藩主の企てにより二人は敵同士に仕立てられていく――剣が結ぶ男と男の絆を端然と描く傑作時代長編。

どういう本?

タイトロジー
(タイトルの意味)
 すると、昨日、六郎兵衛が夕陽に照り映える紅葉を黙って見つめていた姿を思い出した。六郎兵衛のあの姿は何かに似ている、と思う。
 何であろう、と考えていると、春になるとどこかから舞い込んで軒下に巣をつくる、
 ——燕(つばめ)
 が思い浮かんだ。燕は玄鳥(げんちょう)ともいう。(本書93ページ)

 古来より、燕が巣をかける家は繁栄すると言われる。家の守り神であるこの鳥を、圭吾を守ろうとする藩きっての剣豪・六郎兵衛にたとえたもの。
 ちなみに、「玄鳥去(つばめさる)」は七十二候のうち第45候。9月18日〜22日頃の時季をいう。

著者プロフィール

葉室麟 ハムロ・リン

(1951-2017)1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て2004年『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。2007年『銀漢の賦』で松本清張賞を、2012年『蜩ノ記』で直木賞を、2016年『鬼神の如く』で司馬遼太郎賞を受賞。2017年には50冊目の著書となる『墨龍賦』を刊行し、質・量ともに充実した作品を世に送り出し続けている。他の著書に『いのちなりけり』『秋月記』『橘花抄』『春風伝』『この君なくば』『津軽双花』『日本人の肖像』など。

感想を送る

新刊お知らせメール

葉室麟
登録する
文学賞受賞作家
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

玄鳥さりて

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto