ホーム > 書籍詳細:私の遺言

心霊世界の実相を疲弊した日本人に伝えること、それが私に与えられた使命だった――。

私の遺言

佐藤愛子/著

1,728円(税込)

本の仕様

発売日:2002/10/31

読み仮名 ワタシノユイゴン
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 268ページ
ISBN 978-4-10-330904-8
C-CODE 0095
ジャンル 文学賞受賞作家、心理学、サブカルチャー
定価 1,728円

それは昭和五十年、北海道浦河町に山荘を建てた時から始まった。深夜の足音、鋭いラップ音、電燈の明滅、ペットたちの不可解な死……。驚くべき超常現象に見舞われた著者が三十年余の苦闘の果てに見出したものは? 欲望に身をまかせ精神を荒廃させていった日本人に警鐘を鳴らし、“霊の世界”の実相を伝える渾身のメッセージ。

著者プロフィール

佐藤愛子 サトウ・アイコ

1923(大正12)年、大阪市生れ。甲南高女卒。小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり処女作を発表。1960年「文學界」に掲載された「冬館」で文壇に認められ、1969年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞を、1979年に『幸福の絵』で女流文学賞を受賞。佐藤家の人々の凄絶な生きかたを、ありありと描いた大河小説『血脈』で、2000(平成12)年菊池寛賞を受賞する。近著に『「血脈」と私』『日本人の一大事』がある。ユーモラスなエッセイにもファンが多い。

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

佐藤愛子
登録する
文学賞受賞作家
登録する
心理学
登録する
サブカルチャー
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類