ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:佐藤愛子

佐藤愛子

サトウ・アイコ

著者プロフィール

1923(大正12)年、大阪市生れ。甲南高女卒。小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり処女作を発表。1960年「文學界」に掲載された「冬館」で文壇に認められ、1969年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞を、1979年に『幸福の絵』で女流文学賞を受賞。佐藤家の人々の凄絶な生きかたを、ありありと描いた大河小説『血脈』で、2000(平成12)年菊池寛賞を受賞する。近著に『「血脈」と私』『日本人の一大事』がある。ユーモラスなエッセイにもファンが多い。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

佐藤愛子
登録する

書籍一覧