ホーム > 書籍詳細:めぐみ園の夏

大切なものがここにある――。
日本がまだ貧しく、希望だけが遠くに見えたあの頃。

めぐみ園の夏

高杉良/著

1,620円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/05/22

読み仮名 メグミエンノナツ
装幀 加藤健介/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 271ページ
ISBN 978-4-10-454706-7
C-CODE 0093
定価 1,620円

昭和二十五年夏。両親に見捨てられた十一歳の亮平は、孤児たちが暮らす施設「めぐみ園」に放り込まれた。厳しい食糧事情、粗暴な上級生、園長夫妻の理不尽、幼い弟妹。亮平は持前の機転と正義感で、自らの道を切り拓いていく。「めぐみ園がなければ、作家になっていなかったかもしれない」――経済小説の巨匠、初の自伝的長編小説。

著者プロフィール

高杉良 タカスギ・リョウ

1939(昭和14)年、東京生れ。化学専門紙記者、編集長を経て、1975年「虚構の城」で作家デビュー。以来、経済界全般にわたって材を得て、綿密な取材に裏打ちされた問題作、話題作を次々に発表している。主な作品に『小説 日本興業銀行』『労働貴族』『広報室沈黙す』『燃ゆるとき』『王国の崩壊』『金融腐蝕列島』『不撓不屈』『乱気流』『挑戦 巨大外資』『反乱する管理職』『青年社長』『破戒者たち』『人事の嵐』『第四権力』『小説ヤマト運輸』『めぐみ園の夏』等がある。

目次

第一章 サレジオ学園で
第二章 母の情念
第三章 暴力少年
第四章 クリスマス・プレゼント
第五章 旧友たちの来園
第六章 父の愛情
第七章 我が師の恩

作家自作を語る

「めぐみ園がなければ、私は作家になっていなかった」

【収録】2017(平成29)年5月

感想を送る

新刊お知らせメール

高杉良
登録する

書籍の分類

めぐみ園の夏

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto